ネットショップ運営の窓口 > 無料で始めるネットショップ > ハンドメイド通販サイトminneに出品したけど売れない

ハンドメイド通販サイトminneに出品したけど売れない


minne(ミンネ)は、ハンドメイド、手作り作品が販売できるハンドメイドのショッピングサイトです。

 

 

ハンドメイド

 

 

出品者は、フリーマーケットのような感覚で参加できる手軽さが人気を呼んでいます。

 

しかも、月額手数料が無料で、販売代金はminneが代行決済してくれます。売れた場合にのみ、販売手数料10.5%が徴収されます。

 

場所代がかからないし、代金回収もやってくれるし、あとは売れたときに10%ほど手数料を払うだけ。ものすごく簡単で、ハンドメイドを作っている方にとっては、参加しやすいシステムでしょう。

 

 

しかし、出品したけど売れない!という方も多いようです。

 

執筆している今現在、約10万点の商品が出品されており、登録商品数も順次増えており、多くの商品は通販サイトの中で埋もれてしまっているかもしれません。

 

 

minneだから売れないというケースもあると思いますが、物が売れないというのは、大手の楽天であったり、Yahoo!ショッピングに出店していても同様のことは起こります。

 

集客力があるといわれている大手でも、たくさんの商品で溢れており、なかなかお客さんに自分の販売サイトにたどり着いてもらえない現状があります。結果、毎年たくさんのお店が撤退しています。

 

minneに限ったことで言えば、出品者さんの販売スキルが未熟な点も多少影響しているかもしれません。

 

 

出品者さんが少し勘違いしてしまう点は、「商品を出品したからお客さんが買ってくれる」という単純な流れではないことです。

 

スーパーや百貨店に行けば気がつきますが、多くのお店ではお客さんを呼び込もうと様々な努力をしています。声を上げて集客している店員さんもいますね。このように、ただ、商品をおいておけば売れるほど、楽なものではありません。

 

では、具体的に何が出来るでしょうか。まずは、簡単なことから試されてみてはどうでしょうか。

 

  

   

ブログをやってみよう!

 

単にminne(ミンネ)に出品しただけでは、集客の手段は足りないかもしれません。そこで、ブログを集客ツールの一つとして利用してみてはどうでしょうか。

 

ブログは気軽に読めるところから、以外に集客効果があって、定期的に更新していけば、多くの方に読んでいただける可能性があります。

 

商品ページではちょっと恥ずかしくてそこまで書けない、または、余りこだわりを書きすぎると商品のクオリティーと合致せずにクレームに繋がると思ってしまうこともあるでしょう。

 

そんなときは、ブログで製作過程やどうしてその商品を作りたかったのか、自分の想いを伝えることができます。

 

ブログは直接の商品販売ページではないので、書き手の自由度が広がります。日々の製作過程を紹介したりすれば、その商品のことがお客さんにも伝わりやすいです。

 

製作している場所を写真でアップしたりするのもいいでしょう。製作場所が小さなテーブル一つでも、整頓された綺麗な場所で作っている写真一つでお客さんは良い印象を持ってくれると思います。

 

すぐに購入に繋がらないかもしれませんが、多くの方に知っていただく告知効果はあると思います。

 

ブログとツイッターFacebookを連結するのも告知効果が広がっていいですよ。

 

 

商品の紹介文は誰かに書いてもらう方がいいかも。

 

始めたばかりの頃は、紹介文は友人などに書いてもらう方がいいかもしれません。

 

お友達に見せたときの率直な感想や意見をメモしておいて、それを参考に紹介文を書いてみるのもいいと思います。

 

モノを作る方は完璧を目指してしまったり、他人の作品と比べると自分はまだまだと謙遜したり、もっといいものが作れると向上心が高い方が多いです。

 

そうすると、自分で商品の紹介文を書くとき、ものすごく遠慮してしまう方がいます。それでは余り売れないと思います。

 

普通の商品であれば、ある程度アピールがないとお客さんに買ってもらうために、後一押し足りなかったりします。

 

買って買ってと押し付けっぽいオーラを出しすぎると逆に売れないんですが、商品の良さ、作ったときの工夫、どんな場面で使ってもらいたいと思って作ったのか、誰に使ってもらいたいと思っているのかなど、商品説明欄で想いを伝えて欲しいです。

 

 

うそは書かないこと

 

嘘とは断言できませんが、嘘っぽいことを書いて売っている方が時々いるんですが、その時点で信頼されないので売れないと思います。

 

どうみても売れそうに無い商品を、「当店で一番売れてます!」(一番って何個売れてんの?)、「お客さんの評判がものすごくいいです」(誰が言っているの?レビューは全然無いよ)、「この品があれば人生楽しくなります!」(そこまでの力はなさそうだけど)・・・みたいな感じですね。

 

突っ込みどころ満載の紹介文は、信頼を落とします。どうせ書くなら、笑いにしてしまうくらいの嘘がいいです。

 

売れすぎて困っています!一年で3個しか売れてません(笑)・・・みたいな。

 

まじめに嘘つくと売れません。

 

 

レビューへのお礼を忘れないこと

 

レビューがあったらお礼を書くことを忘れないでください。

 

売ることに一生懸命になってしまうと売ったお客さんがただ通り過ぎていくだけになってしまうことがありますが、リピーターさんがあなたを支えてくれます。

 

時間をかけて書いてくれたコメントには丁寧に返信しましょう。

 

何百もレビューがあったら返信は無理ですけど、そうでなければ一つずつ返信した方がいいと思います。

 

商品を発送する際に、お礼の気持ちを込めた簡単なお手紙を同封するのもいいですよ。レビューだけでなく、お客さんへのメールも同様です。

 

注文一つずつ大切に扱っていくこと、遠回りのようですが、それが商売の土台作りになっていくと思います。

 

 

写真は綺麗に撮りましょう

 

商品写真をきれいに撮ることは、ネット通販では基本中の基本です。高い設備をそろえなくても、ある程度の写真は撮れると思います。

 

安い撮影キット・撮影ボックスを使うだけで、商品の見栄えが違ってきます。撮り方が分からないときは、書店で写真の撮り方の本を一冊買って勉強してみてください。

 

商品を綺麗に写真に収めることがまず第一ですが、その先も大切です。

 

それはイメージです。衣類であれば、単に床やテーブルに置いた写真だけでは、お客さんは自分が着ている姿をイメージし難いです。やっぱり、だれかモデルさんに着てもらわないと分かり難い部分があると思います。

 

友人や家族にモデルになってもらってもいいでしょう。顔出し不可ならそれでもいいので、誰かに着てもらった状態の写真が欲しいかなと思います。

 

同じ商品を繰り返し出品する場合は、モデルさん&写真撮影を低価格でやってくれるメイクショップ商品撮影のようなサービスを利用してみてもいいと思います。

 

 

プロ意識を持って、商売をしましょう。

 

minneを使っているということは、まだ本職ではないかもしれません。

 

でも、お金を払ってもらう以上、作品の良し悪しはお客さんに判断してもらうとして、自分はプロ意識を持って商売をした方がいいかなと思います。

 

自分はプロじゃないから適当にやっているという雰囲気をお客さんが感じてしまうと、せっかくいい商品があってもお客さんのモチベーションが下がります。

 

「子育てをしているので、ご予約品の製作が遅れることがあります」とか、「副業でやっているので、発送が遅れる場合があります」といったコメントをみることがあります。

 

同じような状況にある方には多少共感を持ってもらえるかもしれませんが、趣味の世界を脱して、本当に商売したいと思っているならこういった文言は避けた方がよいかもしれません。

 

一例ですが、「混雑等によって製作や発送が○日ほど遅れることがございます。遅れる場合は事前にご連絡をして、お客様のご都合をお伺いいたします」といったような文言にされたらどうかと思います。

 

商売意識を持ったら、発送の遅延は非常にまれなケースであることを認識しないといけないでしょう。スピードが非常に速いネット通販では注文の当日~翌日までに商品出荷することが当たり前になっています。

 

旦那の給料あるし、のんびりやって、そのうち当たればいいやというのも否定はしませんが、自分のお店が持ちたいと思っているなら、プロ意識を持ってやっていますとアピールした方が良いと思います。

  

皆さん色々な事情がある中で商売したり、会社勤めしています。子育て、重い病気の治療、親の介護といったことを同時にしながら、他の人と同じように会社勤めしている方はたくさんいます。

 

子育てが忙しいとか同情する部分はあるんですが、もし、それらを理由に製作が遅れた、仕事がいい加減になってしまったということでは、実社会では信用を失いないかねないです。ネットショップでも、お客さんに自分を信頼してもらうことはすごく大事なんです。

 

ママ友感覚でお客さんを増やすといった戦略で、家庭の事情を正直に伝えるのは悪くないときもあります。状況によると思いますので使いどころは慎重に考えてみてください。

 

 

 

販売ルートをもっと増やしましょう。

 

ネットでは商品で溢れかえっています。何十万、何千万という商品が色々な通販サイトで販売されています。楽天だけでも1億点以上扱われているそうです。

 

minneで10点出品したとして、どれだけの確率でお客さんの目に留まるでしょうか?

 

最初は一つのサイトで集中してじっくり学びながら販売する方がよいですが、もっと売りたい、または、どうもこの通販サイトでは売れないと感じたら別の販売チャンネルも検討する必要があるかもしれません。

 

minne(ミンネ)だけではなく、Creemaラクマのハンドメイドコーナーに出品したり、無料で通販サイトができるBASEなども試してみる方法などがあります。

 

 

最後に・・・

 

ここまでお読みいただいて、何か足りなかったと思われたらぜひ試してみてください。

 

著名人の目に止まってブログで紹介してもらうなど、運のいいことが起こらない限り、急に発注が増えるということは余り無いと思います。

 

製作者であり販売人でもある心構え、そして、日々の一つ一つの細かい活動が繁盛への道へ繋がると思います。

 

 

 

ハンドメイド商品が出品可能なサイト

 

minne(ミンネ):GMO系列のハンドメイド・手作り作品を扱う通販サイト。登録&月額手数料0円。成約時の販売手数料10%(税別)。

 

Creema:ハンドメイド・手作り作品を扱う通販サイト。以前は使い難い印象でしたが、取引フローが改善されています。登録&月額手数料0円。成約時の販売手数料10~12%(税別)。代理出品制度があり、製作者は商品を送るだけで写真撮影や情報入力等をしてもらえます(販売手数料は商品代金の35%)。

 

dクリエイターズ:NTTドコモが運営するハンドメイド・手作り雑貨の通販サイト。登録&月額手数料0円。成約時の販売手数料25%(税別)。2013年5月からのサービス開始と後発ですが、商品を一つ一つ審査するなどクオリティが高いサイトです。 (平成28年6月28日にて終了)

 

 


公開:2013年5月29日 / 更新:2016年12月14日 / カテゴリ:無料で始めるネットショップ