ネットショップ運営の窓口 > 手軽に始められるネットショップ > ガイヤの夜明けで紹介された「ミンネ」

ガイヤの夜明けで紹介された「ミンネ」


ネットショッピングが活性化している中で、ハンドメイド市場が急拡大しています。その最大手がGMOペパボが展開するminne(ミンネ)です。

 

数百円からオリジナルのユニークな作品を買うことが出来ます。

 

様々な雑誌やテレビなどで紹介されていますが、テレビ番組「ガイヤの夜明け」でも、ミンネが特集されていました。

 

ミンネは手作りの作品を個人間で売買できるサイトで、執筆現在、会員が55万人もいるそうです。

 

出品数は100万点を超えるなど一大市場になっています。以前、ミンネについて書いたとき、出品数は10万点でしたからすごい成長です。

 

この仕組みを考えた人もすごいですが、こんなに流行るとは思わず、ネットの世界は面白い!

 

 

 


 

 

 

ミンネの市場は広がっていて、ミンネ・スマートフォンアプリが200万ダウンロードを越えたそうです。スマホで簡単に買えるというのも、今ではネットショッピングを支える一要因になっています。

 

作品を出品する際にもアプリから簡単に登録することが出来ます(すべての機能がアプリから利用できるわけではないのでパソコンでの確認も必要)。

 

商売ですから、片手間でできるとは安易に言いたくありませんが、システム的にはそのくらい簡単になってきています。

 

こういった簡単なシステムが整ってくると参加者が増えて楽しいと思います。

 

 

 

 

販売に関しては自分でゼロからネットショップを作る必要が無く、ミンネの管理画面から商品の画像や紹介文等を載せるだけで販売ができます。

 

ネットショップ全体の製作&運営には非常に手間がかかるもので、ウェブサイトの構築からはじまって、販促のバナーをたくさん作ったり、企画ページ(父の日とかバレンタイン特集とか)を製作して賑わいを持たせたりと非常に時間がかかります。

 

私も自分一人ですべてやっていたときには、新商品を入荷しているのに、日々の作業に時間がかかって、なかなか仕入れた全商品がショップサイトにアップできない状態だったことがあります。

 

もし、自分で作品を作っていたら、そちらにものすごく時間がかかりますから、ショップ運営が疎かになってしまったりとワークバランスが崩れやすくなります。

 

自分は作品を作りたいのにネットショップの運営が忙しくてもどかしい・・・という状況になると制作意欲も落ちてしまうかもしれません。

 

 

 

ミンネのシステムを使えば、一人でネットショップを運営するより作業効率が格段に良いと思います。たくさん出品されていますので販売競争はありますが、それはどのショッピングモールでもありますので、そこは研究して乗り越えていかないといけないところでしょう。

 

自分でお店を運営していると大変と感じることの一つに、お客さんとのお金のやり取りがあります。個人取引のオークションでは、特にお金のトラブルは多いです。

 

ミンネは個人間の取引となっていますが、決済代行をミンネ側がやってくれるので、その点でも非常に気が楽だと思います。

 

 

ミンネでは月額利用料は無料で、作品が売れたときだけ販売手数料10%(税抜)がかかります。ハンドメイドのサイトの中では良心的な手数料だと思います。他社では20%以上取るところもあります。

 

自分で出店していたら、クレジットカード決済で3~5%位、モールに出店したらお客さんに進呈するポイントに1~10%、アフィリエイト手数料1~10%、さらにシステム利用料などもかかってくるので、売り方にもよりますが手数料で10%は越えてくることが多いです。

 

 

 

ハンドメイドの分野は、当初、主婦の方や素人さんが作ったものが販売されている程度にしか思っていませんでしたが、想像していた以上に技術のある方が多いことに驚かされました。さすが技術の国「日本」と思わされます。

 

簡単なつくりだけれどアイディアにあふれているもの、伝統工芸を応用してモダンな商品に仕上げているものなど、世の中には器用な人がいるんだなあと感心させられるばかりです。

 

その作品作りに感動したり、オリジナル商品を高く評価できる感性を持っているお客さんがたくさんいることにも驚かされます。

 

一昔はブランド漁りで有名だったはずの日本人が(今でもいますけど)、個人が作ったオリジナルが好きというマーケットは非常に面白いです。

 

 

 

 

私の周りでも、個人で面白いものや可愛い品を作っている人がいますが、本人たちはそれを商売にしようとは余り考えていません。本人たちにとっては趣味の世界です。

 

正直、ちょっと変わった人と思われているほど、才能にあふれているというのは芸術などの世界でも同様ではないでしょうか。

 

「こんなもの売れないよ」と本人たちは言っているのですが、周りで「あのグッツ可愛いからまた作って」とお願いされていて、まさにそれは商売の可能性を秘めています。

 

ハンドメイドの世界では、多くの方が「商品」ではなく「作品」と呼んでいるところに、すべてが凝縮されているように感じます。そこには作成者の思い入れがあって、買う人の共感や感動があります。

 

自分では売れないと思っても、周りに欲しいといってくれる人がいれば、ミンネなどで出品してみると面白いことになるかもしれません。少なくともそんな予感をさせてくれるマーケットが広がっています。

 

ミンネは大きくなりすぎて、プロ級の人たちがあふれるようになっているので、初心者の方が参加するには気後れしてしまうところがあるかもしれません。

 

大きなシステムで売るのが苦手であれば、無料でネットショップが開設できるBASEなどを利用して、自分のお店を始めてみるのも一つの方法です。

 

 

 

少し気になるのは、ハンドメイドのマーケットが大きくなるにつれて、中国や韓国などから輸入したアクセサリーなどをオリジナルのハンドメイド作品として売る人たちが増えていることです。

 

アジアの工場で作られる数十円~数百円の商品を輸入して、それを自分が作ったハンドメイド作品と称してそれなりの価格で売っている人たちがいます。

 

あちらの工場では作りが荒いこともあって、工場で作っているのに、どこか手作りに見えてしまうところがあります^^;

 

せっかくハンドメイドという楽しい世界が広がっているのに、これは本当にオリジナルのハンドメイド?とお客さんに疑念を抱かせてしまうことにならないようにして欲しいです。

 

偽ハンドメイドと区別するために、ブログなどで製造工程の写真をアップしたり、製作で苦労した点や特徴などを丁寧に紹介していくこともお客さんに信頼されるには大切なことだと思います。

 

 

 

 

ハンドメイド商品が出品可能なサイト

 

ミンネ:GMO系列のハンドメイド・手作り作品を扱う通販サイト。

 

Creema:ハンドメイド・手作り作品を扱う通販サイト。

 

dクリエイターズ:NTTドコモが運営するハンドメイド・手作り雑貨の通販サイト。

 

 


公開:2015年6月19日 / 更新:2016年12月13日 / カテゴリ:手軽に始められるネットショップ