ネットショップ運営の窓口 > ネットショップの商品配送 > 送料無料の設定金額は慎重に決めましょう。

送料無料の設定金額は慎重に決めましょう。


送料の設定というのは、お店の売上げを左右してしまうことがありますので慎重に決めましょう。

 

送料の負担は、商品価格が低い、または利益率が低い場合は、お店の運営にとても重くのしかかります。

 

お客さんにしてみれば、送料無料が一番いいです。でも、現実にはそうは行かないケースが多いです。

 

 

送料を無料にすれば、数を売ることは出来るかもしれませんが、いわゆる副作用もあります。

 

当然、お店が負担するわけですから、送料分は利益から差し引かれます。

 

よくよく計算してみると、売上げがある程度あっても、送料の負担分を引くと利益がとても薄い場合があると思いいます。

 

私のお店でも一度やってしまったことがありますが、価格の低い商品に関しては売れても売れても利益が大して出ないので、疲れるだけでした。

 

 

売れる商品の価格の低下もありました。

 

たとえば、3000円以上で送料無料とした場合、価格が3000円くらいの商品しか売れなくなってしまいました。

 

つまり3000円近辺の商品が、お客さんにとっては一番お得に思えるような設定になってしまったわけです。

 

「どうすれば3000円買って送料無料になるか」というのがお客さんの買い物基準になってしまって、高い商品が全然売れなくなったのではないかと思います。

 

 

もっと、悪いことは受取拒否が増えました。

 

推測ですが、送料無料となると買い物がしやすくなり、安易に注文してしまいます。

 

送料無料ゆえに、送料負担の重みや商品を受取らないといけないといった責任感が欠落するのかなと思いました。

 

 

実際、送料無料になる価格帯を上げてたところ、受取拒否が減りました。

 

送料がかかる場合、お客さんは自分の家までの配送料を必ず確認すると思います。注文する際に自分でお金を払って配達をしてもらうという意識から、受取拒否が減ったのではないかと思います。

 

自分で送料を負担していないと、別に受取らなくても気にならないので、いい加減になる可能性があったのではと思います。

 

 

簡単に言ってしまえば、安い商品が送料無料で買える形式は、正直、品のいいお客さんには集まってもらえない可能性が高いかなと思いました。

 

とにかく安ければいいというお客さんを集めたいのであれば別ですが、私のお店の方針とはあわないです。

 

別のページでもお話しましたが、安いものを求めているお客さんは変に要望が高くクレームも多いので、小さいお店では気苦労が耐えません。

 

送料無料を含む安い商品を狙って買うお客さんは、リピーターにはなってくれる可能性は低いです。こういったお客さんは、時間をかけて安い商品を探しまわっているので、少しでも他店が安ければそちらに行かれてしまいます。

 

 

だからといって、正規運賃をそのままお客さんに請求したらいいかといえば、そうではありません。お店側の努力もある程度必要です。

 

商品にもよりますが、5,000円以上とか10,000円以上とかで送料を無料にするのはネット通販では当たり前になっていますので、そのあたりは基準にしたいところだと思います。

 

 


公開:2013年3月8日 / 更新:2016年12月8日 / カテゴリ:ネットショップの商品配送