ネットショップ運営の窓口 > ドロップシッピング・アフィリエイト > ネットで一日500円を稼いでみましょう

ネットで一日500円を稼いでみましょう


インターネットで商売をしたいと思っているなら、ネットで一日500円を継続的に稼ぐのがどの程度大変なのか、まず、試してみてください。

 

 

500円稼ぐ

 

 

木村拓哉さん主演のプライスレス(2012年)というドラマがありました。

 

ドラマのあらすじは、オフィシャルサイトでご覧いただくとして、職を失い家を失った主人公:金田(木村拓哉さん)が、ゼロから再スタートして成功していくというドラマでした。

 

解雇され、お金は無い&住むところも無い(自分の持っているものはすべて焼失)といったホームレス状態で、ツテもコネもなく、一日500円稼ぐのがどれほど大変か、そこでお金のありがたみを知ることから彼のサクセス・ストリーが始まりました。

 

 

 

アフィリエイトで稼ぐという行為が、ブログを書いて商品を紹介したりすれば小銭が簡単に入ってくる自動販売機みたいに思っている方もいるかもしれませんが、そんなに簡単ではないと思います。

 

でも、こつこつと努力していると、一日500円が稼げるようになってきて、その先が見えてきると思います。もう少し頑張れば、一日1000円、そして10,000円も可能になってくるでしょう。

 

一つうまくいくと、いわゆる成功の法則がわかってくるので、あとはそれを繰り返したり量産していくことで収入を増やしていくことが出来ます。

 

実社会で言えば、小さいお店が成功して、それを大きいお店にしたり、チェーン展開して増やしていくような感じでしょうか。

 

何でも一緒ですが、まずは一つうまくいかないと先が難しいですね。

 

 

 

ネットビジネスが素晴らしいところは、小さな資本からでも始められる事です。

 

自宅のネット環境が整っていれば、ドロップシッピングやアフィリエイトは、ほとんど資金無しからでも始められます。

 

自分で仕入れてお店をやりたい場合は、今の仕事をしながらお金を貯めて、まずは資本金(仕入金)を用意することが大切ですね。

 

 

 

小銭が稼ぎやすい簡単な方法としては、アドセンス楽天アフィリエイトなどがあります。

 

アドセンスや楽天アフィリエイトは、ブログで好きなことを書いていても、記事や読んでいる人に興味のある広告が自動表示される機能があって、自分であれこれと考えなくてもよい利点があります。

 

アドセンスは、登録審査が少し厳しいので、ブログを単に立ち上げただけでなく、それなりに記事を書いて、ブログとして人から読んでもらえる楽しいものに仕上げてから申込んだ方がいいでしょう。

 

 

 

家にある不用品を処分しながらお金を稼ぐオークションもあります。

 

自分が大切にしてきたもの、コレクションしてきたもので、捨ててしまうにはもったいないものがあるかもしれません。

 

まだ新しかったり、相応の価値があると思って買取店へ持っていっても、大した金額で引き取ってもらえないような品もあります。

 

そこで、これが欲しい!と思ってくれる人をターゲットにして販売できるのがオークションです。

 

古い商品やお菓子のおまけといったようなものでも、コレクターさんによって高額で落札されることがあります。

 

オークションとしては、ヤフオクがもっとも有名です。

 

その他オークションでは、モバオク楽天オークション ガレージセールなどがあります。

 

自分でやるのは不安という時は、Quickdoのようなオークション代行というサービスがあるので、初めはお試しで出品して手応えを確認してから自分でやってみるというのもよいでしょう。

 

 

 

不要品を「ただであげる」ことができるガレージセール

 


 

 

 

 

専門サイトを運営して稼ぎたい場合は、A8net電脳卸バリューコマースもしもなどを利用されると良いと思います。

 

アフィリエイト系は様々ありますので、自分にあったものや気になるサービスがあれば試してみてください。

 

大手のアフィリエイトサービスやドロップシッピングでは、様々なサービスや商品を選べるようになる上、報酬が高いので、専門的なサイトをつくって稼いでいくことができます。

 

 

このようにネットで稼ぐ方法はたくさんあります。個人によって、得意分野が異なると思いますが、アフィリエイト、オークション、ドロップシッピングなどを通して稼いでみてはいかがでしょうか。

 

 

 


公開:2013年8月26日 / 更新:2016年12月16日 / カテゴリ:ドロップシッピング・アフィリエイト