ネットショップ運営の窓口 > ショップ運営とお金の問題 > クレジットカード決済が増えると資金ショートに?

クレジットカード決済が増えると資金ショートに?


お客さんとお店双方にとって便利な決済方法のクレジットカードですが、カード決済が多くなると資金ショートになる可能性があります。

 

資金ショート

 

 

ネットショッピングには代引き、コンビニ決済、銀行振込など様々な決済方法があります。

 

その中でも、クレジットカード決済がネットショッピングの決済としては特に便利なものだと思います。

 

お客さんは現金を用意してなくてもいいですし、注文したらすぐに発送してもらえます。

 

お店側としても、お客さんの入金を待つことなくすぐに商品を発送できるので、迅速に商品が発送ができます。

 

しかも、クレジットカード決済では、代引きと違って先払いに近いので、発送したのに受取ってもらえないことも少ないです(カード詐欺は怖いですが、確率としては低いのでここでは省いて解説していきます)。

 

 

でも、問題となるのが、資金回収ができるタイミングです。

 

一般的なクレジットカード決済では、今月の売上分は、翌々月の入金になります。

 

立替払いをしてくれて翌月末くらいに振り込んでくれる決済会社も増えてきていますが、手数料や月額会費などが少し高いことが多いです。

 

 

今月に頑張っても、実際に資金回収ができるのが2ヵ月後になると、どこかで資金が足りなくなる可能性があります。

 

代引きやコンビニ決済など、他の決済方法を用意しておいて、バランスよくお店にお金が回ってくるようならいいのですが、クレジットカードだけに決済が集中してしまうとなかなかお金が回ってこなくなります。

 

商品の仕入れに、クレジットカードや買掛けを利用している場合、その仕入れ代金の支払いは翌月辺りにしなければなりません。

 

でも、クレジットカード決済の入金が翌々月になるとお金が足りなくなります。

 

これは、正直、とっても怖いです。

 

 

お店の売上げはあるのに、現玉(現金)がない!

 

来月には絶対にお金は入ってくるのに、今、お金がない!

 

結果、今月の支払いが間に合わなくなる可能性があります。

 

こういった窮地に陥ると、クレジットカードの支払いを分割にしたり、ローンなどを利用して、なんとか繋ぐところもありますが、結局、高い利息を払っていたのでは商売になりません。

 

 

こんなことにならないようにするためには、まず、余剰金を残しておくこと

 

そして、クレジットカード決済にお客さんが集中しないように工夫することです

 

 

始めたばかりのお店では難しいことがあるかもしれませんが、資金に余裕を持つことは必須です。

 

今月売れたからといって、派手にお金を使ったり、仕入れを急に増やすのは危険です。

 

2~3ヶ月はお金が入ってこなくても、困らないように貯金をしておきましょう。

 

どんなお店でも常に同じような売上げがあるわけではありませんから、ピンチに備えておくことは絶対に必要です。

 

資金的に余裕があれば、クレジットカード決済の入金が2ヶ月先でも問題なくこなしていけます。

 

 

もう一点、クレジットカード決済に依存しすぎないこと。

 

お客さんからしてみれば、手数料がかからない支払方法を利用したいはずです。

 

ちなみに、クレジットカード決済では、規約でお客さんに手数料を請求してはならないことになっていることがほとんどです。

 

代引きで315円、コンビニ決済で180円、銀行振込では振込手数料はお客さん負担というのが一般的ですので、こうなると、クレジットカード決済では手数料が0円なので利用が増えてしまいます。

 

そこで、ある程度の金額以上では代引きやコンビニ決済手数料を無料にして、早く現金を回収できるように策を講じる必要があると思います。

 

 

昨今では、クレジットカード決済とその他の決済で違う価格を用意しているお店が増えてきています。

 

クレジットカード決済は通常価格、それ以外の決済は割引価格という設定をしています。

 

たとえば、

通常価格:10,000円

割引価格:9,500円 (クレジットカードご利用不可

というような感じです。

 

 

決済会社との規約では、お客さんにクレジットカード決済手数料を請求できないので、カード決済以外のお支払方法を利用してくれるのなら割引しますよという逆の発想で価格設定をしているのです。

 

こういった二重価格表示は混乱を招く可能性があり、一部ショッピングモールで密かに禁止される動きがあるようですので使用時には確認が必要です。

 

または、銀行振込なら合計から5%オフにします!という簡単設定もあります。

 

どうせクレジットカード決済では、5%前後の手数料を持っていかれるので、それならその分をお客さんに還元して、現金で支払っていただくという方法です。

 

ただ、クレジットカード会社がこういった決済方法による差異をつける傾向を憂慮して、クレジットカード決済が不利になるような商品価格やサービスを禁止する規約が追加されるようになってきていますので注意してください。

 

 

 

クレジットカード決済に起因する資金ショートは、売れればなんとかなる!という駆け出しのショップ時代とは違ったお店の悩みになります。

 

売上げが少ないうちは、ポケットマネーで何とかしのげることもあります。しかし、売上げが大きくなったとき、お金の流れをしっかり把握しておかないと、大変な思いをすることがありますので気をつけてください。

 

 

参考:イプシロン・クレジットカード決済2回締め(クレジットカード決済の締め日を月2回設けることにより、入金サイクルを短縮するサービス)。

 

 

 

[`newsing` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]
LINEで送る


公開:2011年12月1日 / 更新:2016年3月5日 / カテゴリ:ショップ運営とお金の問題