ネットショップ運営の窓口 > ネットショップ&その先 > 就職活動の失敗を苦に自殺する若者が急増

就職活動の失敗を苦に自殺する若者が急増


世の中に出て力一杯仕事をする前に、命を立ってしまう若者がいることはとても悲しいことです。

 

 

涙

 

 

 

~就活失敗し自殺する若者急増…4年で2・5倍に~

 

2007年から自殺原因を分析する警察庁によると、昨年は大学生など150人が就活の悩みで自殺しており、07年の2・5倍に増えた。

 

警察庁は、06年の自殺対策基本法施行を受け、翌07年から自殺者の原因を遺書や生前のメモなどから詳しく分析。10~20歳代の自殺者で就活が原因と見なされたケースは、07年は60人だったが、08年には91人に急増。毎年、男性が8~9割を占め、昨年は、特に学生が52人と07年の3・2倍に増えた。

 

背景には雇用情勢の悪化がある。厚生労働省によると、大学生の就職率は08年4月には96・9%。同9月のリーマンショックを経て、翌09年4月には95・7%へ低下。東日本大震災の影響を受けた昨年4月、過去最低の91・0%へ落ち込んだ。 ~読売新聞より抜粋~

 

 

 

就職活動が失敗しても、まだオプションは色々あることを見出して欲しいですし、必ずしも他人と同じような時期に就職しなくても大丈夫だと思って欲しいです。

 

就職してもすぐに辞めてしまう人、転職する人だって多いです。

 

雇ってくれないのなら、自分で何か商売を始めるという方法もあると思います。

 

 

 

このサイトではネットビジネスをオススメしているわけですが、ネットが何でも解決してくれるとはいいません。

 

でも、インターネットによって昔よりも自営業が成り立ちやすい環境にあるのではないかと思います。

 

これからは、アメリカのように自営業者がどんどん増えてきてもいい時代ではないかとも思います。

 

 

 

就活失敗となると、自分が他人に認められない苦しさや経済的な心配などがあると思いますが、一般に認められない人ほど、自分の道を進むことで大成するというのは良く聞く話です。

 

就職活動がうまくいかなくても、自分に合う仕事に出会えるまで転職したり、アルバイトをしながら自営業者として独立を目指すというように、他のオプションも様々考えてみて欲しいと願うばかりです。

 

 

 



公開:2012年5月9日 / 更新:2016年12月15日 / カテゴリ:ネットショップ&その先