ネットショップ運営の窓口 > ネットショップ&その先 > 時間的な余裕が持てるネットショップオーナー

時間的な余裕が持てるネットショップオーナー


自分がネットショップを始めてよかったこと:その一つは、時間的な余裕が持てることです。

 

 

リラックス

 

 

基本的に営業時間は9時~17時ということはありますが、朝がきつかったら少し遅めの出勤でもOK。

 

自宅件事務所であれば、通勤時間もありませんし、さらに時間的な余裕がもてます。

 

地方の車通勤で、朝から渋滞にはまって会社に遅刻、上司からはお説教、午前中は休み扱いにされてタダ働きなんて話も時々聞きます。

 

都心の電車通勤では、朝から体力的にも厳しい環境という方もいるでしょう。そうなると、朝少し余裕がもてるだけでも嬉しいという方はきっと多いと思います。

 

 

 

会社勤めのつらいところはたくさんありますが、休みたいときに休めない、時間的な自由が無いというのが多くの方の不満ではないでしょうか。

 

自分の体調が良くないときや子供が病気といっても、会社ではなかなか休めないでしょう。

 

通院するのに1~2時間だけ会社を抜けるだけでも大変というところもあるでしょう。産休=戻る席が無いという話も聞きます。

 

子供の運動会や発表会といっても、会社の定休日と合わなければ無理ということであれば、大切な思い出さえ作れません。

 

法律や建前では休めることになっていても、周囲に迷惑をかけるとか、顰蹙を買うといった状況で休むことができない会社も多いでしょう。

 

最近は、従業員にやさしい会社がニュースなどで特集されることがあります。

 

産休や育休が取りやすい、子供のために早めに仕事を終えて帰ることができるといった会社がクローズアップされることがありますが、それが当たり前の世の中ではないので話題として取り上げられていると思います。

 

 

 

ではネットショップはどうか?

 

職種にもよると思いますが、このサイトで紹介しているような個人経営のネット販売系であれば、時間の融通が利きやすいと思います。

 

お客さんとのやり取りはメールがほとんどになりますので、営業時間外でも対応できます(基本は営業時間内にするのがベストですし、携帯へのメール送信は時間帯に注意しなければなりません)。

 

保育園からの電話で、「子供さんが急に熱を出したので来てください」と言われても、仕事でトラブルでもない限りはすぐに子供さんを迎えに行けると思います。

 

昨今は女性のネットショップオーナーさんが多いと聞きますが、私の知り合いでも子供のことも考えてネットショップを選んでいる人がいます。

 

会社やパート先では、「年老いた親や小さい子供が病気で通院したいので、午前中だけでも休ませて欲しい」といっても、なかなかそれを快く許してくれるところが少ないのが実情でしょう。

 

そういう環境を考えると女性のネットショップオーナーさんが増えるのも頷けると思います。

 

 

 

実店舗でお客さんが直接こられるようなお店では、余り時間的な自由はありませんが、ネットオンリーのショップではあれば時間の使い方は自分次第です。

 

一人でお店をやっている場合は、休んでいる間に誰かが仕事をフォローしてくれるわけではありませんので、その分は夜でも夜中でも仕事はしなければなりません。でも、時間の使い方は自分で決められることが多いです。

 

ドロップシッピングアフィリエイトでお客さんの応対をしなくてもよい、 商品発送を代行してもらっているので出荷作業しなくてもいい、ということであれば、時間に拘束されることはさらに限定されてくると思います。

 

 

 

ここで勘違いされる方が多いのですが、決して楽して稼いでいるということではありません。

 

一日20時間近く仕事をしている(それくらいの勢いで仕事している)ネットショップのオーナーは結構いると思います。私も開店当初は、寝るかパソコンの前にいるかどちらかというような日々をすごしていました。

 

徹夜でホームページを作ったり、ブログを書いたり、商品の撮影をしたりというように仕事は必死でやっているのです。

 

会社であれば、違法残業やサービス残業といったレベルになりますが、自営業は稼げなければ基本給すら出ません

 

ですから、営業時間と残業がどうのこうのという問題ではなく、時間の枠無く仕事するしかないのです。

 

 

 

時間的な自由があるといっても、繁盛期はめちゃ忙しいです。

 

ギフト系の商品を扱っていれば、クリスマスは売上げアップで嬉しい反面、次々に入ってくる注文に必死で対応しなければなりません。出荷作業は毎日徹夜になります。

 

宅配便の大きな集配センターは24時間開いているので、夜中にお客さん宛の荷物を持ち込むことも珍しくないです。楽しくて平和なクリスマスのイメージは全くありません(笑)。

 

 

 

時間の自由はある程度ありますが、上手く休みが取れないと24時間営業になってしまって、精神的に追い込まれたり体調を崩してしまう人がいます。私も一時期、そうなったことがあります。

 

逆に手抜きの人は、休みばかり多くなって効率的な運営ができなくて全然稼げない、ということになります。

 

この辺りの時間管理は自分でしっかりコントロールしていかないと難しい面があります。

 

会社勤めと比べて、他人に管理されるのか、自分で管理するのか、という大きな違いがあります。

 

人によって好き嫌いがありますし、自分では気がついていなくても、自営が向いている人、会社勤めが向いている人がいますので一概にはどちらが良いとは決め難いです。

 

個人的には、昼間からビール飲んでもOK!みたいな仕事環境が好きでネットショップをやっています(もちろん、仕事中は飲まないですけど^^;)。

 

 

 



公開:2011年8月28日 / 更新:2016年12月15日 / カテゴリ:ネットショップ&その先