ネットショップ運営の窓口 > ネットショップを始める前に > 新しいビジネスを始めるときには慎重に

新しいビジネスを始めるときには慎重に


希望を持って多くの方は起業するわけですが、厳しい現実もあります。そのため、どんなケースでも新しいビジネスを始めるときには慎重になった方が良いと思います。

 

 

ドリーム

 

 

 

すべてのケースで、「小さく始めて大きくしていく」方法が勧められるわけではありませんが、無謀な投資をしないように気をつけてください。また、全くゼロからのスタートになると考えて、十分な調査とシュミレーションを行っていただきたいと思います。

 

株を知らない方が、退職金を一挙に株投資につぎ込んで失敗したという話は良く聞きます。勉強もしないで、大金をつぎ込むのは、ギャンブルと変わらないでしょう。

 

コンビニ店経営をやってみようと思っていたとして、何度もコンビニへ足を運ぶだけでは大して学べません。内側を見るべく、アルバイトなどで一旦どこかの店舗で働いてみるべきです。

 

24時間営業のつらさ、廃棄処分しなければならない食品の数(損失額)、あ~大金をつぎ込まなくて良かったと思う人も出てくるでしょう。

 

 

 

夢を実現しようとする方は、考える前に行動しているとよく言われます。学びながらビジネスを始めていかれることは、自分自身を早く成長させてくれるかもしれなせん。

 

その際でも、資金計画をしっかり立てて、慎重に運営されることをお勧めしたいです。

 

パソコンを買うお金くらいは、仕事の効率が早くなることを考えたらローンで買ってもいいと思いますが、自分の限度を超えて借りてしまうことは要注意でしょう。

 

会社も無理に辞めず、それなりに軌道に乗ってから退社しても遅くは無いと思います。掛け持ちはつらいでしょうが、収入ゼロになっては、もっとつらいかもしれません。

 

 

 

精神的に追い込みたいと言うのであれば、あえて反論はしませんが、ご家族も道連れにするのであれば、「退職⇒起業」を一挙に行ってしまうことは十分検討する必要があるでしょう。

 

定年退職して新たにスタートを切られる方の場合は、再就職も難しいご時世ですので、無理に大金を損するような行為は避けられた方が無難ではないかと思います。

 

ネットショップ運営自体は、自宅の一室を使ってもできるので、他のビジネスに比べて大金は必要ではありません。それでも、商品を仕入れたりといった現物が動く部分では、他のビジネスと変わりません。

 

ネットショップは運営費が抑えられることは確かですが、商売によってはやり方一つで大きな資金ショートに陥る可能性がありますので注意してください。

 

 

 

 



公開:2010年4月12日 / 更新:2016年5月2日 / カテゴリ:ネットショップを始める前に