ネットショップ運営の窓口

ネットショップ運営の窓口 > ネットショップ作成&運営 > 配送方法が複数設定できるショッピングカートを選ぶ

配送方法が複数設定できるショッピングカートを選ぶ


あなたのお店では、どんな配送方法を利用していますか?

 

ネット通販の配送といえば、メール便、ゆうメール、ゆうパック、ヤマト運輸、佐川急便など色々な選択肢があります。

 

せっかく複数の配送方法があっても、導入したショッピングカートでは一つしか配送方法が選択できないことがあります。

 

 

宅急便 配送方法

 

 

メール便と宅急便の二種類で発送をしたいのに、ショッピングカートによっては、そのどちらか一方しか選べないシステムになっていることがあります。

 

ショッピングカートやネットショップ運営システムを利用する場合は、こういった配送の選択面を予め理解してから導入した方が良いでしょう。

 

 

 

発送方法が一つしか設定できないとどうなるのか?

 

アパレルや雑貨系のお店では、安い商品と少し高い商品を売っていることが多いです。

 

安い商品を売るには、メール便が便利です。逆に高い商品は、安全に届けられる宅配便で送りたいです。

 

そうなると、「メール便」と「宅急便」のような二つ配送オプションをお客さんに提供したいのですが、そのどちらかしか選ぶことができません。

 

 

100円の商品はメール便で送りたいけど、5000円の商品は宅急便で送りたいといった場合、送料の設定は難しくなります。

 

注文後に送料を減額したり、または、増額したりして調整しているとお客さんには分かりにくいので、注文を躊躇されてしまうと思います。

 

商品ごとに送料を設定する、または、各商品を送料込み価格にすると、複数商品を選んだときに個数分だけ送料が加算されてしまうことになります。

 

これでは、送料設定が足かせになって、思い通りに販売できなくなってしまうかもしれません。

 

 

 

大手のネットショップ運用ASPでは、送料、配送方法、決済方法が細かく設定できます。

 

たとえば、カラーミーショップの配送方法は、メール便、佐川急便、ヤマト運輸、ゆうパックなど複数が設定できます。

 

あまり複雑にしてもお客さんが混乱するだけですので、普通のお店であれば、2種類あれば十分でしょう。

 

このように複数の配送方法が設定できると、メール便と宅急便の設定ができるというように、幅広い価格帯の商品を扱っても、送料設定で悩まなくてもよくなるでしょう。

 

 

 

カラーミーショップでは、配送方法に絡んで、決済方法が選べる便利な機能もあります。

 

一番分かりやすいところでは、メール便に関する決済方法でしょう。

 

メール便では「代引き」が利用できません。

 

多くのショッピングカートやショッピングモールのシステムでは、メール便を選択しても決済方法から「代引き」を外すことができません。

 

そのため、お客さんの中には配送方法は「メール便」、そして、支払い方法に「代引き」を選んでしまうことがあります。

 

ネットショップで注文したことのある方なら、「こちらの商品はメール便で発送します。代引きは使えません!」といった注意書きが書かれているページを見たことがあるでしょう。

 

いくら商品ページで注意を促しても、注文画面で選べるようになっていれば、「メール便+代引き」で注文してしまうお客さんが結構います。

 

そうなるとお客さんに連絡をして、「メール便では代引きは選べません。どうしますか?」という手間のかかるメールのやり取りが始まることになります。

 

 

 

カラーミーショップでの設定は簡単で、配送方法の設定枠で「利用不可決済」を選びます。

 

これは、配送方法によってお客さんが選べる(選べない)決済方法を予め設定できる機能です。

 

お客さんが配送方法で「メール便」を選んだ場合、次の画面で出てくるお支払いの選択の中で、「代引き」が表示されないように設定できます。

 

 

下はカラーミーショップの配送方法設定画面の一部です。その中で、「利用不可決済」があるのですが、それを選択するとお客さんが注文するときには、その支払い方法が表示されません。

 

この画面上では、利用できない決済に「代引き」と「NP後払い」を選んでいます。これで、注文画面の支払い選択枠ではこの二つの決済方法は表示されません。

 

 

カラーミー送料設定画面

 

 

これは配送方法ごとに設定できるのでとても便利です。

 

いずれにも印を入れなければ、すべての決済が利用できることになります。

 

 

 

便利な機能ですが、余り細かい設定にするとお客さんを混乱させてしまいますので注意が必要です。

 

「メール便+代引き」は、元々組み合わせられないので仕方ないですが、特定の決済方法に誘導したいために、配送方法とその決済だけを組み合わせたりするとお客さんには分かりにくいです。

 

 

 

細かい設定でいえば、商品ごとに送料を設定できる機能があります。

 

しかし、これを買うと送料80円、これは300円、それは550円というように細かく設定していると管理が大変です。 

 

メール便と宅急便で送料が異なるのは分かりますが、商品ごとの設定に関しては慎重に考えたいものです。

 

家電製品で、ドライヤーと冷蔵庫が同じ送料ではおかしいですから、商品ごとの送料設定はショップによっては必要でしょう。

 

でも、同じような雑貨を扱っていて、サイズが多少異なるからということで、送料の設定を細かくすると運営する側も手間ですし、注文する側にとっても分かりにくいです。

 

今はまとめて買うと送料が安くなる、または無料になるというのがネットショッピングの流れなので、その辺りをじっくり考えてシンプルな送料を設定されることをお勧めします。

 

 

 

ちょっと余談ですが、ネットショップASPの「BASE」では、ログインすると各項目で利用者さんがコメントを残せるようになっています。

 

その中では、「BASEは送料設定が1種類しかないのは不便だから、複数設定できるようにしてください!」というのがたくさんあがっています。

 

中には、「送料設定のことでお客さんに迷惑をかけた。新しい機能を付けて改善して欲しい!」といったコメントも見られます。

 

 

お客さんに迷惑をかける事態にまでなっているのであれば、「無料のBASE」にこだわらず、システムが整った有料のサービスへ移行する時期かもしれません。

 

少しの月額負担で、お客さんに迷惑をかけないで済むようになって、さらにショップオーナーがストレスを抱えずに運営できるのであれば、それはお店側で負担して運営した方がいいと思います。

 

BASEがシステムをアップグレードしてくれればいいですが、無料の範囲ではなかなか難しいでしょう。

 

まずは無料のシステムで運用してみて、不満が出てきたり、もっと効率化したいと思ったら飛躍のときです。

 

今よりも上のグレードのサービスへ移行して、より大きな商売に繋げていってはいかがでしょうか。

 

 



公開:2014年7月15日 / 更新:2016年2月6日 / カテゴリ:ネットショップ作成&運営