ネットショップ運営の窓口 > ネットショップ作成&運営 > お店が軌道に乗り始めたら複数出店を考えよう

お店が軌道に乗り始めたら複数出店を考えよう


ネットショップを成功させていく中には、複数のお店を出店するという方法があります。 大きなネットショップは、大概、楽天市場、Yahoo!ショッピング、アマゾンなど複数に出店しています。

 

 

ネットショップ

 

 

中小規模のネットショップでも、複数のサイトで運営しているのは珍しくありません。

 

チェーン店のように1号店、2号店のような感じで出店したり、楽天市場支店、ヤフーショッピング支店などとして出店しています。

 

実店舗ではかなりの資金が必要になりますが、ネットショップではそれほどお金をかけずに、2号店、3号店と出店することができます。

 

 

 

まずは、本店が必要になります。一般的に独自ドメインのサイトになります。

 

気軽にお店を作ってみたい場合は、無料でネットショップが開業できるBASEのページを参照ください。

 

次の出店をどこにするかはお店の運営方針などによると思いますが、楽天市場Yahoo!ショッピングに出店するのもありでしょうし、別のサイトを作ってもいいでしょう。

 

 

 

小さいお店で複数店舗を運営しようとした場合は、BASEYahoo!ショッピング・ライトでの出店が便利だと思います。

 

これらのサイトは、それぞれ簡単なシステムで構築されていて、使い方が非常に似ています。

 

それぞれのサイトでシステムが異なる場合、使い方を覚えるだけでも大変なのですが、これらのサイトで複数出店するのはそれほど難しくないと思います。

 

ただし、在庫を自動管理してくれる(ある店舗で売れたら別店舗の在庫を自動的に減らす)システムには連結できないので、日々、在庫状況は手動で管理しないといけない難点があります。

 

それでも、スマホやiPhoneから簡単に操作ができるので、小さいお店であれば在庫数を変更するのはそれほど大変ではないと思います。

 

 

 

複数出店するには、様々な理由がありますが、まずは自分のお店のマーケットを広げることができます。

 

個人的には、「販路が被らない、扱いやすい、費用が最低限に抑えられる」といった意味で、BASEYahoo!ショッピング・ライトの二本立てをおすすめしています。

 

組み合わせ方は自由で、カラーミーショップとYahoo!ショッピング・ライトでやってみたり、BASEとStores.jpで組み合わせてやってみるのもありだと思います。

 

組み合わせを考えるときに大事なポイントとして、扱いやすさの他に、販路をどう確保できるのかというところがあります。

 

一例として、BASE、Stores.jp、Yahoo!ショッピング・ライトへの出店で、どのようにマーケットがカバーできるか検討してみましょう。

 

 

 

BASEに関しては、執筆現在、ショッピングモールなどと提携していませんので、販路は自分で開拓することになります。

 

ブログやFacebookなどを使ってお店を宣伝するというのが一般的でしょう。

 

BASEでは、Twitter、Facebook、Amebaなどと連動しやすいシステムになっています。

 

お金をかけないで出店できますが、その分手間をかけないといけないタイプです。

 

 

 

Stores.jpについては、システム内でお店を構築して商品を登録すると、ZOZOMARKET、モバオク、Exciteブログマーケットなどに自動的に商品が転載されるシステムになっています(有料プラン利用時)。

 

楽天やヤフーといったメジャーなところではありませんが、販路をそれなりに広げるチャンスはあります。

 

シンプルですがデザイン性も優れていることから、女性をターゲットにしたお店やファッション系のお店に人気があり、ZOZOMARKETでの掲載を考えると洋服や小物系ショップにはよいかもしれません。

 

 

 

Yahoo!ショッピング・ライトは、システム的には、前出のBASEに似ており、簡単に出店&運営が出来ると思います。

 

大手であるYahoo!ショッピングに商品が掲載されるため、集客ではとても期待できるところです。

 

Yahoo!ショッピング・モールの出店店舗の一つになりますので、一定のルールに従わないといけないところがありますが、それほど難しく考える必要は無いと思います。

 

Yahoo!ショッピングのライト版は、通常版に比べると機能が余りありません。お店のレイアウトや決済方法なども限定されます。

 

それでも、販路拡大や使いやすさという点から利用価値はあると思います。もちろん、複雑なシステムでも問題ないというのであれば、ライト版ではなく、通常のYahoo!ショッピングへの出店をおすすめします。

 

 

 

料金ですが、BASEとYahoo!ショッピング・ライトは、出店料は無料です。

 

Stores.jpは980円/月かかります(無料プランもありますが、有料プランを使わないと様々なサイトに掲載される宣伝プロモーションは使えません)。

 

それぞれのサイトでクレジットカード決済などが導入されていて、決済手数料が別途徴収されます。

 

Stores.jpは他社モール等と提携している都合、そちらを経由して売れた場合は売上げの10%といった手数料が別途生じます。

 

Yahoo!ショッピング・ライトでは、Yahoo!のポイントやアフィリエイト・ポイントに関わる手数料があります。ポイントは商品価格の1%から自分で自由に設定できます。

 

 

 

小さな規模から始めることを考えて、BASEやYahoo!ショッピング・ライトなどをご紹介しましたが、大手の楽天市場も選択肢として当然上げられます。

 

国内でいえば、楽天市場が最大規模ですので、ここを外すわけにはいかないと考えるショップさんがあるでしょう。

 

楽天では競争は激しいですし、費用もかなりかかります。ある程度大きな利益が見込めないと参入は厳しいマーケットです。

 

商品やお店の規模によって不向きな場合もありますので、どのお店も楽天に出店した方がよいとは思いませんが、大きなチャンスがあることは確かだと思います。

 

国内はネットショップ飽和状態と考えると、商品によっては、欧米やアジアをターゲットにした海外用のショップを考えることも可能です。

 

お店を広げていく方法は様々はありますので、夢や可能性を信じて、少しずつ規模を広げながらお店をやっていくのはなかなか楽しいと思います。

 

 



公開:2014年9月17日 / 更新:2016年2月6日 / カテゴリ:ネットショップ作成&運営