ネットショップ運営の窓口 > ネットショップ作成&運営 > 実店舗の運営を助けてくれる「グーペ」

実店舗の運営を助けてくれる「グーペ」


グーペは、飲食、美容院、治療院、塾など実店舗を運営しているショップに適したホームページ運営システムです。

 

簡単にホームページが作成できると宣伝されていますが、綺麗なホームページを作って公開するだけではなく、運営支援するツールの方にも注目したいサービスです。

 

執筆現在、33,000人以上の方が利用している人気のホームページ作成&運営サービスです。

 

 

 

~ グーペで選べる無料のテーマの一つ「Onepalte」 ~

cafe

(参照元:グーペ

 

 

 

難しい設定がなく、ブロク感覚でお店のホームページが作成と運営ができるので、実店舗で忙しいショップオーナーさんが、それほど手間を掛けずにやりたいときに向いていると思います。

 

 

グーペには、単に低価格でキレイなホームページを作れるというだけではなく、店舗を運営支援する機能が揃っています。

 

 

特に実店舗に向いている機能として、下記のようなものがあります。

 

★メニュー掲載(メニューやサービス料金の案内)

★カレンダー(営業日やイベントをカレンダーで分かり易く表示)

★クーポン発行(QRコードをスマホで読み込んで来店時に見せると○○プレゼントなどができる)

★アクセスマップ(店舗住所を元にグーグルマップで地図を表示)

★求人情報の掲載(募集職種、仕事内容、給与、勤務時間等を簡単入力で掲載)

★予約申込と管理(ディナーなどの予約受付ができる)

★お問合わせ管理(お客さんからのお問合せを受付、返信、管理できる)

★メールマガジン配信(キャンペーンやセールをメルマガで通知できる)

 

 

 

実店舗を運営している忙しいオーナーさんにおすすめ

 

グーペは、飲食、美容院、治療院、塾などの実店舗のためのホームページに特化しています。

 

実店舗ではネットショップとはまた違った運営がなされるわけですので、それに適したシステムになっています。

 

実店舗を運営しているオーナーさんの多くが、店舗の運営が忙しすぎて、ホームページやブログをやっている時間がないという事情を抱えていると思います。

 

私の知り合いにも、塾、美容院、治療院を運営している人たちがいますが、日々の仕事が忙しすぎてネットをやっている時間が無いというのが現状です。

 

とりあえずブログをやってみようと始めたものの、良くて1週間に1回の更新。そのうち、1ヶ月に1回、さらに1年に1回なんてことになっています。ブログが余り更新されていない状況では、ネットに慣れたお客さんからは「この店流行っていない」と思われてしまいます。

 

簡単なシステムであれば運用がしやすいですし、お店を紹介するホームページの場合、ブログのように日々更新する必要はありません。

 

グーペはパソコンだけではなく、タブレットやスマホでも管理画面にアクセスできます。店舗で仕事をしている時でも、ホームページから受けた予約やお問合せにも対応しやすいでしょう。

 

 

 

ホームページのデザインが簡単に設定できる

 

グーペにはオリジナルのデザインがたくさん用意されているので、様々な業種に対応ができるでしょう。無料で利用できるデザインと有料のものがあります。無料でも綺麗なサイトに仕上がります。

 

パソコン、タブレット、スマートフォンに対応したデザインもありますので、店舗情報等を入力すれば、パソコンやスマートフォンでも同じ情報が表示されます。特に設定することなく、お客さんが利用しているスマートフォンなどに適したサイズで写真などが表示されるようになっています。

 

パソコンよりスマートフォンの利用が多くなってきている現状では、パソコンだけに対応したホームページは不便になってきています。業種によっては、スマートフォンでの運用に力を入れたところもあるでしょう。

 

また、お客さんが店舗に来たいと思った時には、外でお店の情報を確認できる方が便利です。そういった意味でも、パソコンだけではなく、スマートフォンにも対応してるホームページは今や必須です。

 

 

 

忙しさを軽減してくれるホームページ

 

店舗で何が無駄に忙しいか?と考えた時に、お店に関する一般的な質問、営業時間、料金、お店への行き方などの電話対応で時間を取られているということはないでしょうか。

 

一例として、忙しい時間帯にお店に辿りつけないといって、お店に電話をしてくるお客さんがいるでしょう。

 

私の友人はネットにお店の情報がないときには、お店に電話をして、店舗スタッフにそこに行く道順をはじめ、近隣の安い駐車場まで聞いていることがあります。お店スタッフとしては、忙しい時間帯に結構な時間を取られて、正直、迷惑かもしれません。

 

ホームページに地図やアクセスマップを公開していれば、スマホを見ながら簡単に来店してもらうことが可能です。グーグルマップでは、そこへ行くルートもナビのように表示することも可能です。

 

営業日や営業時間はホームページにアップしておけば、簡単に見つけてもらえる情報になるでしょう。

 

また、よく電話などで質問されることは、ホームページでQ&Aやご質問コーナーとして情報を記載しておけば、余計なお問合せが減る可能性があります。

 

10人のお客さんに個別に説明するより、基本的な情報はホームページに掲載しておけば、お客さんが自分で調べてくれることが多いです。

 

 

 

管理が簡単にできることが大切

 

専門業者にホームページを作ってもらって、ネット上に公開しているお店がたくさんありますが、日々の更新が全然できないというお店も結構あると思います。

 

業者としては、見栄えの良いデザインで、キレイ・カッコいい・カワイイ・スマートといったショップオーナーさんの希望に沿ったホームページを作ってくれます。

 

しかし、お店の情報(メニュー、料金、セール、写真など)を変更したくなった時に、どうすればいいのか分からないというショップオーナーさんがいます。つまり、ホームページの運営管理ができないのです。

 

そこから先は、ほったらかしのホームページになるのか、業者に依頼して情報を更新をしてもらうといった選択になります。運用代行は月額数千円~数万円にもなります。

 

こういったことにならないように、自分で管理運営できるかも確認したいところです。

 

グーペはかなり簡単に運用できるようになっていて、これ以上簡単にすると機能を損なうかもしれません。それくらい適度なシンプルさで運用ができるようになっていると思います。

 

もちろん、個人のスキルや知識は異なりますので、運用できないケースを考えて15日間は無料でお試しが出来るようになっています。

 

 

 

広告費が軽減できるかも

 

お店の宣伝は、地元のフリーペーパーや折込広告などでやっているので、ホームページやブログは必要が無いと思っているショップさんもいるでしょう。

 

紙ベースの広告は、ネットで告知するより高額になるケースが多いと思います。しかも、期間限定の単発なので、セールをやるときはシーズンごとに広告を出さなければなりません。

 

これがネットであれば、常に広告を出しているような状態にすることが可能です。お店の写真は、紙面と違ってたくさん掲載することができるので、お客さんがお店の雰囲気などをイメージしやすく宣伝効果も高いと思います。

 

お客さんが色々情報をネットで探して検索していますので、ホームページがあるか無いかで集客に大きく差が生じることもあるでしょう。

 

また、ホームページと連動して、メルマガやツイッターなどでお店のセールや告知などもできますので、紙ベースの広告に大金を出す必要がなくなるかもしれません。

 

 

 

広告無しのホームページの重要性

 

広告無しのホームページは、お店としては必須だと思います。

 

ネットでは無料でホームページが出せるサービスがあるので、それを使えばいいと思っているショップオーナーさんがいるでしょう。もちろん、それでも構わないわけですが、大概、無料サービスには他社の広告が掲載されます。

 

いわゆるお店のオフィシャルページなのに、ランダムで他社の広告が掲載されるというのは、お客さんからしたらウザいですし、正確な情報が伝えられないことがあるかもしれません。

 

どんな広告が表示されるのかは、利用者(ショップ側)では管理できません。同業者の広告が表示されるかもしれませんし、アダルト系やギャンブル系が表示されるかもしれません。

 

パソコンでは多少広告があっても気にならないですが、スマホでは小さい画面なのに、その画面の上下に広告が表示されることもあり、お客さんの身になって考えれば、そんな見難いサイトは不便でしかありません。

 

お店の顔としてホームページを運営するのですから、お客さんにとって見やすいサイトであることは、最低限、気をつけたいところです。

 

グーペのようなサービスをはじめ、自分でサーバーをレンタルするケースでは、自分の管理下にあるホームページになりますので、他社の広告は入りません。

 

ブログなど無料サービスとの併用でもいいですが、オフィシャルページだけは、自前で用意された方がよろしいと思います。

 

 

 

月額1000円は高いのか安いのか?

 

グーペは月額1000円(税別)のコストがかかりますが(DXは月額1500円)、これを高いか安いかという判断には、便利な機能の数々とお店側の手間がどれほど軽減できるのかを考えてみてください。

 

簡単にホームページが作成できると宣伝されていることが多く、ホームページを作ってネット上にアップするだけで月額1000円の維持費は高いといった印象があるかもしれません。

 

実際、自分でサーバーをレンタルして、ホームページを立ち上げたり、ワードプレスなどを自分で使いこなせるというのであれば、月額500円以下で運営することが可能でしょう。

 

グーペを運営するGMOは、ネットショップ管理システムで有名な「カラーミーショップ」も運営しています。

 

ネットショップとして、かなり豊富な機能を備えたカラーミーショップが月額1000円くらいで利用できることを考えると、それほど複雑なシステムではないグーペに同額程度の利用料がかかることはちょっと不満が残るかもしれません。

 

しかし、自分でこういった店舗運営支援型のホームページを構築するとき、お店のメニュー表示、営業日カレンダー、クーポン発行、アクセスマップ(地図設定)、予約管理、メルマガ発行、お問合せの受付&返信管理などのプログラムやプラグインを探して、自分のホームページにカスタマイズする必要があります。

 

メルマガやクーポンの発行、お問合せ管理システムなどを一つ一つを有料サービスで契約すると月額1000円は超えてくると思います。

 

そういった面倒な作業とコストを考えると、ワンストップで便利な機能が揃っているグーペは、料金的にも使いやすいものであると思います。

 

個人的に気になるのは、現在のところ、お問合せフォームが通信を暗号化するSSL対応ではありません。ここが変わればいいなと思います。

 

 

 

 

積極的にグーペを利用する

 

グーペには、こちらでご紹介した以外にも便利な機能があります。

 

「通常プラン」と「DXプラン」の2種類の料金形態がありますが、アクセス状況を確認したり、メルマガを使って積極的にお客さんに宣伝したいオーナーさんは、DXプランがおすすめです。通常プランにプラス500円で利用できます。

 

お店専用のドメイン(例:amazon.co.jp)が設定できます。お店のアドレスが分かりやすいというのは、宣伝がしやすいですし、名刺などでも記載しやすいです。ドメインについては、ドメインを登録しましょう!にて詳しくご案内しています。

 

グーペに対応したホームページを制作してくれる会社もありますので(グーペ内でも紹介されています)、お店の独自性をもっと出してアピールしたい時には、デザイン会社に依頼してもよいでしょう。

 

グーペでは、実際に運用されている店舗さんのホームページもご覧になれます。どんな感じで使っているのかを見てみるとアイディアが浮かんでくるかもしれませんよ。

 

 

[`newsing` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]
LINEで送る


公開:2016年5月25日 / 更新:2016年5月25日 / カテゴリ:ネットショップ作成&運営