ネットショップ運営の窓口 > ネットショップ成功への道 > お客さんにお店を忘れないでもらうための方法

お客さんにお店を忘れないでもらうための方法


たくさんあるネットショップは、すぐに忘れられてしまう存在です。どうやったら忘れられないでリピートしてもらえるか、考えていかないとお店の存続は難しい厳しい時代です。

 

 

忘れる

 

 

ネットショップで購入した際に、お店の名前やホームページのアドレスを忘れないで覚えているお店はどれほどありますか?

 

大手なら覚えているかもしれませんが、小さなネットショップでは覚えている可能性はかなり低くくないでしょうか。

 

このホームページもブックマークしておかなければ、もし、またここにきたいと思ったとしても、たどり着けないでしょうね^^;

 

こんな状態ですから、お店としては、どうやったらお客さんに忘れないでいて、リピートしてもらうかということに気を配っていかないといけません。

 

 

集客には大きく分けて二種類あると思います。

 

一つは、新しいお客さんに来店して方らうこと、もう一つは存続のお客さんに再度来店いただくことです。

 

今回は、一度購入いただいたお客さんに、お店を忘れないで、また来店していただくための方法を少しご紹介したいと思います。

 

 

お客さんにリピーターになってもらう方法はたくさんあります。

 

まず何よりも大切なのは、丁寧な応対で、お客さんに気持ちよく購入いただくということ。

 

他のお店と違ってこのお店は次にも来たいと思ってもらうには、様々な努力が必要です。

 

商売として肝心な部分がしっかりしていないと、いくら他の事にお金を掛けてもリピートしてもらうのは難しいです。

 

 

リピートしてもらうにはお店のことをもっと知ってもらう必要がありますので、メルマガがオススメです。

 

一度購入してくれたお客さんは、同じような商品に興味が高い可能性があります。

 

また次にも何か買いたいものがあるかもしれません。

 

そんな方に、新しい商品やセール情報をメールでお伝えします。

 

ただし、メルマガはお客さんがメルマガ登録してくれないと勝手には送れません。

 

昨今は、メルマガのマナーを守らない個人やお店が多いので、たとえ購入したお店であってもメルマガを受信してくれるとは限らない厳しいご時世です。

 

 

購入してくださったお客さんに、お店のことを忘れないでまた来店いただけるようにする方法に、プロモーショングッツやノベルティグッツなどがあります。

 

お店の名前の入った粗品や景品であるボールペンやカレンダーをもらったことがある方はきっと多いと思います。

 

年始には、カレンダーやタオルをもらう機会が結構ありますね。

 

こういったものは日々使うものなので、お店の名前が入っているとかなり目に付きます。

 

 

道を歩けば様々な広告看板などが目に付くと思います。新聞や雑誌でも同様ですね。

 

場所にも寄りますが、こういった広告にはとても高額な費用がかかります。

 

ところが、無料で配るカレンダーを家の中でも特に目のつく場所においてくれたとしたら、お店の宣伝効果には期待してしまいますね。

少なくとも時々はお店のことを思い出してもらえるかもしれません。

 

私の家では、ガスや電化製品といえば電話帳を開くより、粗品でもらったカレンダーに印刷されているお店の電話番号を見つけて連絡しています^^;

 

 

ボールペンも同様ですが、日々使うものですから、しっかりしたものであれば簡単には捨てないで使ってもらえると思います。

 

ふとした時にボールペンを見るとお店の名前やホームページアドレスが印刷されていると、「この前このお店で○○を買ったなあ、また新しい商品が入っているかな」と思ってホームページを見に来てくれるかもしません。

 

 

小さいお店ですとプロモーショングッツにお金を掛けることには躊躇してしまうかもしれません。

 

しかし、ネット広告の重要性でもお伝えしたとおり、集客にはそれなりにお金がかかります。

 

Yahoo!リスティング広告などは、一般的に新しいお客さんを呼ぶ方法ですが、ある程度の集客をしようと思えば、そこそこお金がかかります。

 

しかも、リスティングやネット広告は興味本位の方がクリックしてくることも多いですから、必ずも購入につながるとは限りません。

 

そこで、もっとリピーターさんにターゲットを絞って来店していただく方法として、プロモーショングッツが有効なことがあります。

 

私のお店でも時々利用しますが、オフィス・デポ・ジャパンなどのペンやクリアファイルの名入れサービスがあります。

 

お店の名前とホームページアドレスなどを印刷してもらって、ボールペンや卓上カレンダーなどを作ってもらいます。

 

まとめて買うほどお得になるのですが、お試しで100~200個程度で買ってみても、商品にもよりますが1~2万円で購入できると思います。

 

私のお店では、一定の購入をしてくださったお客さんにプレゼントすることがあります。実用的なものですし、気に入ったお店のロゴ入りということで、喜んでいただけることも多いです。

 

 

気をつけたいのは、あまりお金を掛けすぎないということですね。

 

販売している商品や購入金額に対して、高額すぎる景品やプロモーショングッツというのは、経費を掛けすぎです。

 

お客さんからしても、お得な気分より、こんなことに余計なお金を掛けるくらいなら、商品の値段を安くして欲しいと思われてしまうでしょう。

 

ネットショップでは、配送費用に影響が少ない軽くて小さいもの、壊れにくいものといった点にも注意が必要でしょう。

 

使わないものや不必要なものですと、そのままゴミ箱行きになってしまうので、独りよがりにならないところも大切でしょう。

 

 

今回はプロモーションやノベルティグッツなど粗品や販促品に関して書きましたが、それは単に一つのアイディアでしかありません。

 

その他にも、購入者限定のセールをしたり、メルマガを送信したり、プレゼントを企画したりと色々試行錯誤でやっているわけです。

 

新しいお客さんに来店いただくことも必要ですが、リピーターさんはお店を支えてくれる大切な存在です。

 

新しいお客さんに来ていただくより、リピーターさんを大切にする方がお店の運営は安定しますし、コストも比較的低く抑えられます(だからといって新規客獲得に力を入れなくても良いというわけではありませんが・・)。

 

安売り店や顧客離れの激しいお店は、広告をバンバン出して集客していますが、新規のお客さん獲得はすごくお金がかかるんです。

 

リピーターさんを引き止めておくには手間もかかりますし、アイディアも必要ですので、その辺が面倒だと思っているお店はわりきって、新規客獲得に力を入れているところもあるようです。

 

でも、小さなネットショップは一度買ってくださったお客さんを大切にして、常にリピートしてもうえるように知恵を絞っていくことが大切かなと思います。

 

 

 

参考サイト:

 

 ・オフィス・デポ ジャパン:事務用品以外に販促用グッツなどの名入れサービスがある。

 

販促品いろいろ(楽天):販売促進グッツの色々。選ぶのも結構楽しい?

 

販促花子:卓上カレンダー、筆記具、バック等のノベルティグッツに名入れするサービス。

 

ギフトイット・ノベルティ:ペンやマグネットをはじめ、ユニークなノベルティグッツがある。

 

ステップメール「アスメル」 :メルマガやステップメールが送れるサービス。言葉で販促。

 

 



公開:2012年4月9日 / 更新:2017年6月1日 / カテゴリ:ネットショップ成功への道