ネットショップ運営の窓口

ネットショップ運営の窓口 > ネットショップ成功への道 > ネットショッピングモール出店のマイナス点

ネットショッピングモール出店のマイナス点


大手のネットショッピングモールに出店する利点は多々ありますが、マイナス点もあります。

 

一昔前までは、楽天市場Yahoo!ショッピングなど大手ショッピングモールに出店することがネットショップのステータスの一つでしたが、今は出店するか否かはそのお店の形態に応じてスマートに選ぶ時代になっているでしょう。

 

 

ショッピングモール

 

 

小規模ショップにとって、大手のショッピングモールシステムのマイナス点といえば、「運営コストが高いこと」と「価格競争が激しいこと」があげられると思います。

 

個人ショップであれば、月額0円~千円程度の費用でお店が持てる中で、楽天市場のような大手ショッピングモールでは、売れなくても出店料などで毎月数万円以上の費用がかかってきます。

 

また、初期費用をはじめ出店料を半年や一年払いしなければならないこともあり、小規模ショップにはなかなかの投資になります。※出店費用に関しては、月額コストで選ぶショッピングカートをご参照ください。

 

月の売上げが100万円以上といった見込があれば、数万円の出店料は高くありませんが、これからお店をはじめる、まだ始めたばかりというお店には厳しいところかと思います。

 

 

 

運営コストが高いため、その分を価格に反映しないといけないことがあります。そうすると、お客さんに課する余計な負担が増えるわけで、お客さんを大切にする店主さんの中には、あえてショッピングモールに出店しない人もいます。

 

運営コストが高くなっても、それを価格に上乗せできればいいのですが、同業者が多く出店していると競争が激しく、価格を上げるどころか、安売り合戦で自分の首を絞めてしまうことがあります。

 

これでは、「運営コスト高」と「安売り」の二重苦で、大手ショッピングモールに出店している見栄えだけは良くても儲けが余り出ません。

 

ショッピングモールでは、集客のために様々なセールが行われます。その中には、送料無料、ポイント10倍セール、イベントに合わせた割引商品の提供などが必要になってきて、それらの負担もお店にのしかかってきます。

 

売っても売っても、自分の元にそれほど利益が残らない状況では、売上ごとに手数料を徴収しているショッピングモール運営会社だけが儲かっていると感じるかもしれません。

 

こういった状況の中、ショッピングモールから撤退するという選択を取らざるをえないお店がたくさんあります。

 

無理にショッピングモールに出店しなければ負債を抱えることなく、小規模ながら健全な運営ができたかもしれません。実際、ショッピングモールに頼らなくても、十分な売上があって健全にショップを運営しているところはたくさんあります。

 

 

大手ショッピングモールで成功しているお店の多くは、大手量販、メーカー、製造会社など大規模資本を除くと、食品、アパレル、雑貨関連が目立ちます。

 

食品、アパレル、雑貨関連は、オリジナル性を出しやすく、極端な価格競争に巻き込まれない点があるのではないかと思います。

 

たとえば、同じコロッケでも、ジャガイモの産地や作り方が少し違うだけでオリジナル商品になります。洋服やチェアーなどデザイナーさんの個性が生かされるような商品は、広く市販されているメーカー品とは異なりオリジナル性が高くニッチなマーケットを狙いやすいです。

 

電化製品や生活雑貨はオリジナル性が出しにくいので、価格競争に陥りやすくなり、結局は資本力が強いところにお客さんが集中してしまいます。

 

 

有名ショッピングモールの集客力は確かにあります。しかし、たくさんのショップが集結している中で戦わなければなりません。また、オリジナル性を出せないと価格競争に巻き込まれてしまう可能性が高いです。

 

自分の扱う商品とその販売方法を吟味して、どのショッピングモール出店に向いているのか、それとも出店しない方がいいのか、十分検討してください。

 

1年間売れなくても出店費用に困らないくらいの準備があった方がよいでしょうし、期限と売上目標を決めてそれが達成されない時は撤退することを予め決めておいた方がよいかもしれません。

 

中には、損得を別にして、運営ノウハウを学ぶために2~3年、大手ショッピングモールにお世話になるという考えのお店もあります。また、大手のモールでたくさんのお客さんに自分のお店や商品を知ってもらうことから始めて、徐々に独自システムで運営するお店に誘導するところもあります。

 

モール出店がすべてではありませんので、善し悪しを見極めて、自分のお店にあった利用方法を考えてみてください。

 

 

 

楽天市場:ネットショッピングといえば楽天と言われるほど知名度が高いショッピングモール大手。集客力が非常に高く、執筆現在、売上や会員数がNo.1のショッピングモール。

 

Yahoo!ショッピング:Yahoo!といえば検索エンジンの大手であり、そこから誘導される大きな集客力が魅力のショッピングモール。出店無料に切替えてから急激に出店数を増やしている。楽天市場に売上ではまだ敵わないものの、徐々にその勢力を増している。

 

 


公開:2010年4月9日 / 更新:2016年2月24日 / カテゴリ:ネットショップ成功への道