ネットショップ運営の窓口 > ネットショップ成功への道 > 農作物を作るようなネットショップ作り

農作物を作るようなネットショップ作り


ネットショップを作ったらすぐに結果を期待したいところですが、現実はうまくいかないことが多いです。ここで焦ってしまうと、もう少し待てばうまくいくのに・・・というところで諦めてしまうことがあるかもしれません。

 

 

農業

 

 

 

短時間で上手くいくショップがあるわけですが、そういったごく一部の成功例を羨ましがって、自分が焦ってみてもどうにもなりません。そんな時には農家さんの気持ちになってみてはいかがでしょう。  

 

作物を来るには時間がかかります。種をまいて、水を与えて、雑草を取って、天候を心配して、日々見守って世話をして、そして、やっと収穫ができます。

 

ささっと簡単にホームページを作って、すぐにどんどん注文が入ってきてお金持ちになる。そんな簡単に儲けられるという幻想を抱いていると挫折しやすくなってしまうと思います。

 

早く結果が出ないと焦りが出てしまう理由の一つに、金銭的な問題があると思います。せっかく商売を始めたのに、収入がなければ大変です。

 

そこで、直ぐに結果がでないことは想定して、できれば半年から1年くらいは儲からなくても困らないように貯金を用意したり、今の仕事を辞めないでネットショップを始めるといった計画が必要かもしれません。

 

生活をかけてネットショップをやるわけですから、いつまでも結果がでない状態を我慢できないのは当然です。

 

しかし、早く儲けたいからといって、焦って有料公告をガンガン出したり、集客してくれるという甘い話に乗って大金をつぎ込んでしまったりしては、成功する前に資金ショートになりかねません。儲けるつもりが逆に借金を抱えてしまうというは良くある話で気をつけたいところです。

 

無理に水や肥料をやりすぎても良い物はできません。気持ちが焦ってしまうことがあれば、農作物を作りをイメージしてみてください。じっくり手間を掛けなければ美味しい作物はできないという考えはネットショップにも通じるものがあると思います。

 

 



公開:2010年4月13日 / 更新:2016年2月29日 / カテゴリ:ネットショップ成功への道