ネットショップ運営の窓口 > ネットショップ成功への道 > 小さなネットショップでもプロ意識を持ってやりましょう。

小さなネットショップでもプロ意識を持ってやりましょう。


ネットショップでは実店舗と違ってお客さんに見えない部分が多いため、仕事がいい加減になってしまうことがあります。しかし、ネット通販をやるのであれば、プロ意識をもってやりましょう。

 

 

プロフェッショナル

 

 

自宅の一室であっても、キッチンテーブルの上で細々と作品を作っていたとしても、プロ意識を持つことはできますので、その意識を維持して運営していく方が繁盛店を作っていくことができると思います。

 

 

 

現在、BASEミンネなど無料や低価格で商品が販売できるサイトがたくさんあります。

 

そういったサイトでは、特に初心者ショップの方がたくさん商品を売っています。

 

でも、多くのケースで、せっかくすばらしい商品を作っている(仕入れている)のに売れていそうにないという現状があります。

 

 

 

ハンドメイド通販サイトminneに出品したけど売れない ・・・のページでもどうして売れないのか、比較的簡単に改善に取り組めるという観点から様々な理由を上げてみました。

 

その中で、意識的な部分で強調したいのは、「プロ意識をもってやりましょう」ということです。

 

 

 

私はある習い事の教室に通っています。

 

カルチャーセンターにその講座があったので、興味半分で参加したのが最初でした。

 

カルチャーセンターは、初心者の方を対象にした簡単な講座が多く、年数を積んでいくと、そこだけでは満足できないことがあります。

 

私の場合もこれ以上はカルチャーセンターでは教えてもらえないということで、先生が自分で運営する教室に通うことになりました。

 

 

 

ところが、この教室に通うようになって、この先生は自分の商売になると、ものすごくいい加減になることが分かりました。

 

カルチャーセンターではいわゆる雇われの立場なので、時間前には教室に来ていますし、指導もしっかりしています。

 

ところが、自分が運営している教室では、時間には来ない、急に休む、iPhoneで遊んでいる、ちょっと教室に顔を出すだけで帰ってしまうなど、本当にいい加減なんです。しかも、月謝だけはきっちり取ります。

 

 

こんな感じですから、自分の教室には人が集まらず、全く別の仕事を掛け持ちしながら、カルチャー教室でも教えているという生活が続いています。

 

技術的にはすごく高いものを持っているので、運営面でプロ意識を持ってやれば、たくさんの生徒さんがやってくるはずです。別のバイトなどしなくても、教室運営だけで十分な収入が得られると思うのですが、それに気がついていません。

 

こういった教室は生徒さんの口コミで人の輪が広がるものですが、全くそういったことがなく、逆にカルチャー教室から進級してきたやる気のある生徒さんたちはどんどん辞めてしまう始末です。

 

 

 

ネットショップでも、こういった商売をしている方は結構いると思います。

 

お客さんへのメール返信が遅い、商品の発送が遅れる、梱包を雑にしている、ホームページやブログを更新していないなど思い当たる点があるショップオーナーさんはきっと多いと思います。

 

こういったことをしていると、やる気のないオーナーや信頼できないネットショップと判断されてしまうでしょう。

 

私も自分のお店だからといって甘えていたことがあります。自由を履き違えて、自分の怠惰さに色々理由を付けていましたが、それが収入に結びついていないので単なる言い訳でした。

   

 

ネットショップは楽して稼げると思っている方がいますが、会社に管理されないという気楽さはありますが、経済的な面から言えば、すべて自分の責任で、下手に楽をすれば稼げない可能性があります。

 

そんなことにならないように、自分はショップオーナーであるというプロ意識を持って運営していきたいものだと思います。

 

 


公開:2014年1月24日 / 更新:2016年12月10日 / カテゴリ:ネットショップ成功への道