ネットショップ運営の窓口 > ネットショップの仕入れ > ネットショップの仕入れは海外から

ネットショップの仕入れは海外から


ネットショップを始めるときには、販売する商品が必要です。どんな商品を選ぶかは難しい選択ですが、一つとして輸入品を扱う方法があります。

 

 

海外ストリート

 

 

私が初めてつくったのは輸入品のショップでした。アメリカから仕入れて、日本のお客さんに提供する。これがとても面白かったです。

 

日本で全く販売されていないというわけではありませんでしたが、アメリカで販売されているほどの種類が無かったり、日本での定価がめちゃくちゃ高かったんです。

 

 

日本の定価の半分くらいで売っても十分利益が出たので、ガンガン売りました。10年くらいは売っていました。

 

でも、その後、同じようなことを始めるネットショップが増えたり、日本での定価も下がるようになって、以前ほど勢いはなくなりました。それでも、そのお店で稼いだ資金で、新しい事業にも進むことができました。

 

輸入品は小さなお店でもチャンスがすごくあると思うので、メリットとデメリットを少しご案内したいと思います。

 

 

 

輸入品を扱うメリットその1:扱っているお店が少ない

 

海外のサイトを見ると、色々面白い商品、可愛い商品などたくさん販売されていて、日本では余り売られていない商品が数多くあります。

 

それらを日本のお客さんに紹介してあげる。これはとっても楽しい仕事になりえます。

 

当然ながら、日本では売られていない、または、扱っているお店が少ないことを確認してから輸入することが大前提です。

 

日本に大きな販売代理店がある、輸入商社ですでに扱われているような場合は、海外製品であっても日本で広く流通してしまっています。それでは競合が多すぎで、ネットショップとして利益を上げていくのは難しいかもしれません。

 

 

 

 

 

輸入品を扱うメリットその2:海外で買うと安い!

 

為替の影響もありますので、常に安いとは言い切れませんが、基本、海外から購入する場合、日本の卸さんから買うより安いケースが多々あります。

 

極端な話、海外で定価で買っても、日本では輸入品(特にブランド系)が高く販売される傾向があるので、利益を上乗せしても売れてしまうことは珍しくありません。

 

前出で、商社で扱われていて国内に広く流通している商品は競合が多すぎで止めた方がいいとお話しましたが、商社を介するより、自分で輸入した方がかなり安くなる場合は、商売として成り立つ可能性はあります。

 

日本で販売されていない商品の場合は、ある程度、自分で値段を決めることができます。

 

ぼったくりはやめた方がいいですが(お客さんは無知ではないのでそのうち評判を落とします)、海外で安く仕入れて、それなりの価格設定をして売れば、たくさんのお客さんに喜んでもらえるでしょう。

 

 

 

輸入品を扱うメリットその3:少ないロットから購入可能

 

卸業者にもよるので一概には言えないのですが、アメリカのケースでいえば、少ない個数でも卸価格で売ってくれる会社がたくさんあります。

 

日本の場合は、発注量が少なくても売ってくれる卸さんはありますが、卸値がそれほど安くないことが多いと思います。

 

誰でも仕入れられる卸サイトには注意!でもお話しましたが、一般のお客さんが買うときのまとめ割引くらいで、実際の卸値とはかけ離れたものだったりします。

 

個人商店の場合は、商社さんに相手にされないことも結構あります。基本、購入する数が少ないと売ってくれないんです。

 

ブランドイメージというものを大切にしているところもあって、ある程度の規模のお店や会社で販売してもらわないと、その海外ブランドイメージが下がってしまうことを危惧している会社もあります。結果、敷居が高くなって、個人ショップには商品を卸してもらえません。

 

そんなときは、海外から直接買い付ければ自分たちでも販売することが可能になります。

 

 

 

 

輸入品のデメリット1:保証や修理が受けられない。

 

多くのメーカーやブランドでは、平行輸入品(日本の商社や代理店を通さず海外から直接輸入したもの)を排除しようとする動きが強く、平行輸入品は国内で修理してもらえない、保証が適応されないなど、販売が難しいことがありますので注意が必要です。

 

平行輸入品を正規品を装って販売することはできません。ショッピングモールによっては、平行輸入品はしっかりと明記することが求められることがあります。

 

お客さんが正規品と誤解して購入した場合、国内で修理を受けられないことからクレームに繋がったり、法的な問題に発展する可能性があります。

 

 

輸入品のデメリット2:送料と関税がかかる。

 

アメリカや中国など海外から輸入する場合は、送料と関税がかかります。特に大きなサイズの商品は、商品本体の価格より送料の方が高くなることがあります。

 

このため、予め送料と関税を含めて試算して、利益が出せるか考えておく必要があります。

 

海外では安く販売されていても、送料と関税が加算されると、日本の卸値と変わらない、または、それ以上になってしまう場合があります。それでは、価格的なメリットは失われてしまいます。

 

 

輸入品のデメリット3:修理保証が必要なものは扱いが難しい

 

精密機器や電化製品などは、国内で製品の修理を行うのが難しい場合があります。商売を長く続けていこうと考えたとき、売りっぱなしではお客さんの信頼は得られません。

 

予め国内で修理が可能なのか、海外へ送って修理を行う場合はどの程度の手数料が必要なのか、下調べが必要です。

 

最初は、修理やアフターサービスが必要ない商品を選んだ方が無難かもしれません。

 

 

輸入品のデメリット4:偽物をつかまされる可能性がある

 

一流ブランドの商品を安く仕入れられたと思ったら、実は偽物だった。というのは、珍しい話ではありません。

 

 

中国などから有名ブランドの偽物を輸入販売している業者が摘発される事件が結構ありますが、これはやってはいけないことです。

 

商品知識が乏しいと偽物を掴まされてしまう可能性がゼロではありませんが、訴えられてから知ったのでは遅いです。

 

中国の会社では、他のメーカーやブランド品をコピーしているのに、自社の製品といって販売しているケースが多々あります。中国国内では流通できても、日本では違法になります。

 

 

輸入品のデメリット5:商品のクオリティが低いことがある

 

日本と海外では商品のクオリティーが異なるため、多少のキズなどは諦めないといけないことがあります。

 

返品や交換が必要になると、海外への発送料などコスト高になってしまい利益を圧縮してしまいます。

 

同じ商品でも、日本の商社向けにはクオリティの高い商品を出していて、その国で流通しているものはクオリティが低いことがあります。そうなると直接買い付けても、日本で商社経由で売られている商品と同じと思って買ったお客さんからクレームがでる可能性があります。その辺りの調査も必要です。

 

 

輸入品のデメリット6:外国語でのやり取りが必要になる

 

海外から輸入しようと思ったら、基本、現地の言葉が話せる必要があります。ここが一番のネックになって輸入できない方も多いでしょう。

 

ネット展開しているような会社は、卸サイトでもショッピングカートを使ったものが多く、発注する程度では「会話」する必要もありません。

 

また、何かあってもメールでのやり取りが基本なので、海外との連絡はココナラのようなサービスで格安の翻訳依頼して、海外の会社とやり取りをすることは可能だと思います。

 

購入数が少なければ、個人輸入を代行してくれる会社もあるので、そういった会社に依頼することも可能です。

 

 

 

 

輸入販売の参考例

 

参考に「バービー人形」をヤフオク!で探してみてください。たくさんのバービーちゃんが出品されているのが分かるでしょう。

 

バービーといえば、アメリカの玩具メーカーが販売する着せ替え人形です。その歴史は1959年に遡るほど、息の長い商品でコレクションとしても人気度が高いです。

 

Yahoo!オークションなどで出品されているものの多くは、アメリカから安く輸入して、日本のお客さんに売っています。

 

どこから安く買っているのか、珍しいものを仕入れているのか気になると思いますが、必ずしも優良な業者と提携するばかりではなく、簡単にamazonやebayなどから入手されているケースも多いです。詳しくはページ下の「輸入ビジネスマニュアル・ランキング」をご参照ください。

 

 

現在、日本で販売されている商品の多くが中国製です。

 

中国で生産されるものは単価が非常に安く、日本ではその何倍もの値段で売られているものがたくさんあります。

 

そういった商品を見つけることで、中国から安く仕入れて、日本で十分な利益を載せて売るという手法で販売しているショップがたくさんあります。

 

これは単なる一例ですが、このように海外からの仕入れることで商売を始めることが可能なんです。

 

 

 

最後に・・・

 

デメリットをよく理解して回避しながら行えば、輸入品の販売にはチャンスがあります。

 

小さなショップでも、アイディア次第で十分やっていける可能性はあると思いますよ。

 

 

輸入ビジネスマニュアル・ランキング

 

第1位 中国輸入&Amazon販売のスタートアップマニュアル
オススメ度 ★★★★★
ポイント

中国ではモノが安く買えることは誰でも知っていますね。しかも、いまや中国は各メーカーの工場が乱立するほど製造業の拠点となっています。その中国から安く仕入れて日本(Amazon)で売る手法を解説したものです。中国で数百円で仕入れたものが日本で数千円で売れる。そんな低コスト&低リスクの輸入ビジネスモデルのハウツー・マニュアルです。

  公式サイトへ
   
第2位 BUYMAで月30万円を目指す
オススメ度 ★★★★☆
ポイント

現地価格と日本価格との格差が大きい商品を狙うのが輸入ビジネスの一つの特徴です。ブランド品はその価格差が狙える商品です。また、世の中が不景気であろうが、ブランド品に対する需要は変わりません。BUYMA は、世界各地の日本人バイヤーが商品を探し出して買い付けてくれる上る人気ショッピングサイト。そのサイトを活用して月30万円を目指すツールとマニュアルです。

  公式サイトへ
   
第3位 仕入れ王プロジェクト
オススメ度 ★★★☆☆
 ポイント

業務用リサーチツールを使って、急成長しているBUYMAで売れる商品をチェックした上で、厳選仕入れサイトから商品を購入する方法です。注文確定された後に仕入れ先から買い付けるため在庫になることはないBUYMA販売方法のマニュアルとツールです。輸入転売に必要な英語テンプレート集なども含まれています。

 

公式サイトへ

   
第4位 世界7ヶ国のAMAZONで稼ぐ
オススメ度 ★★★☆☆
 ポイント

海外のアマゾンを利用して輸入&輸出で稼ぐ方法を解説したマニュアルとツールです。日本と海外の価格差を利用して儲けることは輸出入ビジネスの基本ですが、それを調べるのはなかなか手間が要ります。それを調べてくれるソフトが提供されています。アマゾンのデータから価格差を調べて、それを元に各国のアマゾンで仕入れ&販売する手法は、国内販売にとらわれないグローバルな手法です。

 

公式サイトへ

 

 

[`newsing` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]
LINEで送る


公開:2013年5月28日 / 更新:2017年6月1日 / カテゴリ:ネットショップの仕入れ