個人事業の開業届出を提出しましょう

開業届ネットショップを始める前に

ネットショップを始めるに当たって、まず「個人事業の開業届出」を最寄の税務署に提出しましょう。

個人事業の開業届出は、税務署でもらうか、国税局のホームページからダウンロードすることもできます。

規定では、事業開始の事実があった日から1ヶ月以内に提出することになっています。郵送でも可能です。開業届けにかかる手数料はありません。

この届出を出すことで特別な資格が得られるわけではありませんが、これによって事業者として認められる立場になるということだと思います。

当然、納税義務も生じます^^;

 

提出後は、税務署から案内や確定申告の用紙などが送られてくるようになります。

記入することはとても少ないので、さっさと済ませてしまうのが気楽でいいと思います。

開業届けをせず、こそこそ小さい商いをしている人達がいますが、どうせなら開業届けを出して、税金も払って、堂々と商売をした方が結果的には儲けも大きくなっていくと思います。

 

法人については、まずは法人設立の手続きあるので複雑になりますが、資格やライセンスの必要な業種を除いて、個人事業を開始するのはとても簡単です。

収入が発生してから届け出る方もいるようですが、事業を開始するのに経費が色々かかっているわけですので、収入がなくてもそれらを帳簿に計上しておけば、後々利益が出たときに差し引くことで節税することができます。

事業用に銀行口座を開くときや新規契約の際などに、開業届出のコピーを求められることがあります。個人事業の開業届出を税務署に出す際には控えをもらって、しっかり保管しておいてください。

まずは事業者として第一歩を踏み出す節目です。

 

freee開業は、個人事業主の開業届などの書類を誰でも簡単に作れる無料サービスです。項目を埋めていくだけで、書類の作成が完成します。分かりにくいところにはガイドが付いているので安心。あとはWebから提出するか、税務署に郵送するだけでOK。開業届以外に青色申告承認申請書なども作成できます。freee開業の詳細と体験談はこちらから。

 

freee会社設立は、会社設立に必要な書類を作成できるサービスです。複雑な書類でもステップごとに入力でき、サポートもあるので短時間で作成ができます。電子定款に対応しているので紙定款で必要な4万円の印紙代が不要です。freee会社設立は0円、電子定款の代行は5,000円で利用できます。freee会社設立の詳細と体験談はこちらから。

ネットショップを始める前に
無料でネットショップが開業できるBASE

簡単にネットショップが開業できるサービスとして人気の高いBASE。月額の固定費は0円~で気軽に始められます。ネットショプの基本機能はもちろん、クレジットカードやコンビニ決済などが予めシステムに組込まれているので面倒な契約手続きが必要ありません。170万店以上が契約していて、ネットショップ運営システムとして人気No.1と言えるでしょう。

本格的なネットショップのためのMakeShop

9年連続流通額No.1のネットショップ運営サービスのMakeShop。国内でトップクラスといわれるネットショップ1万店以上が使用しているシステムです。Yahoo!ショッピング・Amazon・LINEショッピングとの連携が可能。電話サポートやセミナーなど運営支援があります。実店舗に加えてネットショップを開業する場合や実績があるネットショップの移転先としてもおすすめです。

ネットショップ運営の窓口
タイトルとURLをコピーしました