ドロップシッピングの厳しさを乗り越えて

ドロップシッピングドロップシッピング・アフィリエイト

ドロップシッピングは、在庫を持つ必要が無く、仕入れ代金を必要としない(または注文を受けてから支払う)販売方法ですが、ドロップシッピングは簡単に儲かるというのは本当でしょうか。

巷ではドロップシッピングでいくら儲けたといった雑誌の記事やネットの話題が尽きません。年間に1億円売り上げたという主婦の方がいたりと話題になりました。

ドロップシッピングの仕組みは、お店では注文を受けて、卸会社などに商品の発送を依頼します。お客さんに直接発送してくれる卸会社であれば、お店側は受注や宣伝といった販売活動に集中できます。

ドロップシッピングの最たるメリットは、在庫を持つ必要が無いので、大きな資金がなくても運営できることです。

国内で一番有名どころは「もしもドロップシッピング」でしたが、残念ながら、2020年4月末にサービスを終了しました。

もしもドロップシッピングがなくなってしまった後は、卸の達人TopSellerNETSEA(ネッシー) といった卸サイトからドロップシッピングに対応した商品を選んで運営しているところが増えているかと思います。

ドロップシッピングは簡単に始められるということで注目を集めてきましたが、一昔前とは違ってそう楽には儲からない時代になっていると思います。

※こちらの記事は、もしもドロップシッピングの利用をベースに書きましたが、他社のサービスも含めて近年の状況にそった内容に修正して公開しています。

リスクなしで始められるドロップシッピング

商品情報や商品写真は、卸会社やドロップシッピング会社から提供されるので、それらを使って私たち個人はウェブサイトやブログなどで簡単に販売することができます。

「もしもドロップシッピング」(サービス終了)では、商品を掲載したサイトを作るだけでよく、受注から発送まですべて行ってくれるシステムで人気を博しました。

「もしもドロップシッピング」の影響が大きくて、ドロップシッピングの定義が変わってしまった気がしますが、基本、自分のお店で注文を受けた後、卸会社に発注をして、お客さんに直接商品を発送してもらう形式が一般的です。

以前から「メーカー直送」という受注方法がありますが、お店では注文を受けて後はメーカーに発注してお客さんに直接届けるというのは、ドロップシッピングと同じ形式といっていいと思います。

一部、月会費が必要なケースがありますが、通常、卸会社と契約して注文があればその時に発注するという形式なので、固定費は低く抑えられるので始めやすいでしょう。

 

何十万人も参加している?ドロップシッピング

「もしもドロップシッピング」が流行っていた頃は、参加している人たちが何十万人もいるといわれていて、参加者同士の激戦になって楽に儲けられるとは言いがたい世界になっていました。

流行る前は参加者が少なく、その当時に儲けた人たちの話題がたくさんメディアで取り上げられました。ドロップシッピングで儲けた人の話の多くは、参加者がまだ少なかった時代のの話が結構多いので、余り影響されないほうがよいと思います。

一儲けしたドロップシッピング経験者の中には、以前のように儲けられなくなったので、講師やコンサルタントに転向している人たちがいます。ドロップシッピングで儲かる方法などと称して、高額なセミナーや教材を売っている人たちもいます。

ネットショップでも同じような人たちがごろごろいますが、儲からなければ次に儲かる仕事を探すというのは、ある意味、優秀だと思います。

こういった儲け話だけに振り回されてしまうと残念な結果になってしまうかもしれませんので、しっかり現実を見据えてこの世界に入ってきた方がいいかなと思います。

 

売上の数字だけにとらわれない

ドロップシッピングは商品にもよりますが、商品価格の5%~20%位が一般的な収益になると思います(健康商品やダイエット系などはもっと高率のことがあります)。

在庫を抱える必要がないリスクが少ない分、一般的に卸値はそれほど安くないことがあります。

卸会社側もドロップシッピングの優位点を利用して、卸価格をなかなか下げてくれないことがあります。

まとめて仕入れれば相応の卸価格になりますが、ドロップシッピングのようにお客さんから注文を受けて単品で卸会社から買うケースでは思ったほど安くないことが多いです。

収益性の高い商品を選んで売っていくという方法もありますが、みんな考えていることは同じなので、その種の商品を扱うのは激戦になったりします。

ドロップシッピングの宣伝では、「素人さんでも簡単に10万円売れました!」というように売上の数字だけが強調して伝えられることがあります。

でも、実際に自分の収入が、売上の1割程度であると考えるとどこまで魅力でしょうか。もちろん、100万円、1000万円と売れば十分な収入になってきますが、競合が多いネットショップで簡単に売上を伸ばすのは難しいです。

 

ドロップシッピングで1か月に20万円売れた!

儲け話に踊らされてしまうことがありますが、もし、初心者の方がドロップシッピングで1か月に20万円売上げたと聞いた時、どう思いますか?

ドロップシッピングで月に20万円も売れたと喜んだものの、実際の収益が1万円だとしたらどうでしょう。

こんなに苦労したのに1万円!と思うかもしれませんし、逆にリスクなしで1万円なら十分という方もいるでしょう。

自分で仕入れてネットショップを運営したなら、仕入れ&経費を引いて売上の3割くらい残ると仮定すると、20万円の売上で6万円が収入になります。もし、自分でアクセサリーなどを制作しているような方なら、売上の7割以上を手元に残すことも可能です。

自分で販売する際には、仕入れのリスクや商品梱包にかける時間といったコストがあります。こういったリスクや手間を負いたくないと思うなら、収益性が低くなってもドロップシッピングは魅力でしょう。

商品にもよりますが、ドロップシッピングは利益率が低い分、宣伝広告費などの経費がかけにくいです。競合サイトと競り合う都合、どうしても広告費などが必要になってきますので、それほど手元に残らない可能性があります。

1000万円を売り上げている人でも、実はネット広告をたくさん出していて、その結果の売上であって、手元に残るのはほんの少しというケースもあります。こうなると商売というよりゲームになってしまうかもしれません。

経費をかけない方法もありますが、その分、自分が手を動かさないといけないわけで、それを時給でしっかり計算してみると、外でバイトした方がずっと稼げるということになりかねません。

 

創意工夫が求められるドロップシッピング

誰でも参加できて、何十万人も同じようなことをやっている状況で、国内のシステムが整ったドロップシッピング大手というのは、たぶん数社しかありませんので、皆さんの扱っている商品が重なってしまうことがあります。

ドロップシッピング会社ではたくさんの商品を扱っていますが、すべてが売れるわけではなく、実際に売れるのは全体の1~2割の商品に限られるという話もあります。

もう少し言ってしまうと、せっかくドロップシッピングで商品を紹介しても、楽天やアマゾンの方が安いということが多々あり、お客さんはそちらに流れてしまう傾向があります。

こういった状況の中で、どうやって売っていくのか?というのは、人それぞれの創意工夫につきます。

商品をたくさん紹介するという物量で勝負する人もいれば、自分で商品を試してその体験談を丁寧に紹介する人、自分の趣味と兼ね合わせて商品を売る人など様々です。

趣味との兼ね合わせで言えば、お掃除が好き、部屋を整頓するのが好きで収納が得意、キャンプが好きで毎週どこかに出かけている、といった趣味や得意分野を持っている方々がいます。

好きなことや趣味が商売につながると思っていない方が多いですが、体験談を元に商品を紹介すると結構な確率で売れます。ファンも付きやすいです。

 

やってみないと分からない

ここまで書いて言うのも何なんですが、始める前に儲かる儲からないと議論しているだけでは、先に進めません。

宝くじでよく言われるように、買わなければ当たらないのです。

ブログで商品を紹介したら売れたというケースでも、ブログに載せていなければ売れることはありません。議論していても1円にもなりません。

同じ商品でも色々な切り口で売ることができます。そのアイディア次第で、お客さんが買ってくれるか否か、分かれてくると思います。

売れているサイトをマネしても仕方ありませんので、ニッチなマーケットを狙って、他のお店があまり注目していない商品を狙うというのも一つの方法です。

トップセラーのページでは、今コレが売れました!というコーナーがあります。ドロップシッピングでどんな物が売れているのか参考にしてみてください。

多くの人がまだ興味を持っていない新製品を狙って、自分でブームを作るような売り方をしたり、話題になる前に自分のお店で扱っていると売れる確率も高くなります。

自分で実際に買ってみて、購入者の体験談として商品の特徴を自分なりに説明したり、写真を掲載することでお客さんの信頼を得て販売に結びつけることができるケースもあります。

ドロップシッピングで扱っている商品の中には、商品写真が揃っていないものが結構ありますので、自分で商品を取り寄せてきれいな写真を掲載して売っている人もいます。

お客さんの多くは無在庫販売を警戒するようになってきています。詐欺を目的とした偽ネットショップが増えていることも影響していると思いますが、多少下手な写真になっても在庫がある雰囲気が出せることで、他の人と差をつけて販売しやすくなることがあります。

商品を自分で購入する際には初期投資は多少必要ですが、普通のお店では数十個~数百個の単位で仕入れることを思えば、サンプルとしての購入なので、考えようによっては少ない投資といえるかもしれません。

無理に商品を購入しなくても、自分が使っている類似品などをブログなどに掲載して体験談を絡めて紹介すれば、販売ページに誘導しやすいことがあります。単なる商品写真より印象がよく、お客さんの感じ方もだいぶ違ってきます。

 

最小限の投資で始められる

ドロップシピングが儲かるかどうか、これは自分で試してみるのが一番です。

私はブログで紹介した3万円くらいのソファが、思いかけず売れたところから始めました。そのときは、「本当に売れるんだ」と思ったくらいで、そんなところからのスタートでした。

在庫を持つ必要が無いわけですから、最小限の投資で商売を始めることができます。無料ブログやホームページを使うのであれば、ほとんどお金をかけずに始められるでしょう。

興味が沸いたらやってみる。それができるのがインターネットビジネスのいいところです。

レストランを始めたい、お弁当屋さんを始めたいと思ったらどれほどの資本金が必要でしょうか。銀行から融資を受けないと始められないこともあるでしょう。

それを考えたら、無料ブログでも始められるネットの商売は、今、このときから資本金無しで始められるのです。

 

新しいネットビジネスのきっかけになる

ドロップシッピングを始めてみたら、何か違うものが見えてきて新しいビジネスのきっかけになるかもしれません。

ドロップシッピングよりアフィリエイトの方が自分には向いているとか、やっぱり自分で商品を仕入れてネットショップをやりたいと思うかもしれません。

他に扱っているショップが少ない商品を自ら仕入れて売るとなれば、ドロップシッピングに比べて競合が少なく、すごく売りやすくなることがあります。

自分が実際に手に取って仕入れた商品は、愛着が違います。自分で作った小物やアクセサリーならもっと愛着があるでしょう。そうなると売る熱意も違ってきます。

自分で商品を仕入れるのは不安であったり資金的に厳しいときは、ドロップシッピング対応の卸会社を探して、自分のお店で注文を受けてから発注して、卸会社が直接、お客さんに発送してくれるというシステムもあります。

少し抽象的な言い方かもしれませんが、始めないと何も起こらない、新しいことが見えないかもしれないということです。

まずは挑戦してみることをお薦めします。

 

ドロップシッピング会社の紹介:

TopSeller
家具や雑貨など25万点以上の取り扱いがあるドロップシッピング。商品は顧客に直接送られるため、在庫リスクも梱包の手間もない。自分でお店を持つ必要があり、お客様対応や決済は自分で行う。利用料金は、取扱品数などにより無料~有料プランがある(例:300商品まで自由に選べるプランで月額480円)。

通販素材
ソファやベッドといった家具類を中心としたドロップシッピング。宣伝写真が豊富で販売しやすい。自分でお店を持つ必要があり、お客様対応や決済は自分で行う。注文を取ってから仕入れ代金を支払い、商品発送は卸会社が行う。2020年1月から月額3万円のほどの利用料がかかる。

もしもドロップシッピング
会員が40万人以上もいたドロップシッピング大手。小物から家具・家電等まで数多くの商品を扱う。注文の受付、決済、商品発送は卸会社が行う形式。※2020年4月末終了。

電脳卸
ユニークな雑貨や健康食品系のアフィリエイト&ドロップシッピングを提供していた。※2020年12月31日終了。

タイトルとURLをコピーしました