ドロップシッピング



ネットショップ運営の窓口 > ドロップシッピング・アフィリエイト > ドロップシッピングの厳しさを乗り越えて

ドロップシッピングの厳しさを乗り越えて

ドロップシッピングは、在庫を持つ必要が無く、仕入れ代金を必要としない(または注文を受けてから支払う)販売方法ですが、ドロップシッピングは簡単に儲かるというのは本当でしょうか。

 

巷ではドロップシッピングでいくら儲けたといった雑誌の記事やネットの話題が尽きません。年間に1億円売り上げたという主婦の方がいたりと稼いでいる人はいます。

 

ドロップシッピングは、在庫を保つ必要が無いので、資金がなくても始められます。国内で一番有名どころは、もしもドロップシッピングでしょう。

 

 

商品情報や商品写真は、ドロップシッピング会社や卸会社さんなどから提供されるので、それらを使って、私たち個人はウェブサイトやブログなどで簡単に販売することができます。

 

自分が選んだ商品をブログやホームページに掲載して、それが売れれば、ドロップシッピング会社から報酬をもらうことができます。

 

通常、ドロップシッピングに参加するのは無料ですので、リスク無しで商売が始められると言ってもいいでしょう。

 

運がよければ、ブログでちょっと紹介したら・・・売れた!!! なんてことが起こります。

 

 

 

しかし、現実には、参加している人たちが何十万人もいるといわれていて、楽に儲けられるとは言いがたい世界です。

 

少し前は参加者が少なく、その当時に儲けた人の話題がたくさんメディアで取り上げられました。未だに、ドロップシッピングで儲けた人の話の多くは、数年から10年以上前の話だったりすることがあります。

 

誰でも参加できて、何十万人も同じようなことをやっている。さらに、国内のシステムが整ったドロップシッピング大手というのは、たぶん数社しかありませんので、皆さん扱っている商品が重なってしまうというのもあります。

 

ドロップシッピング会社では、たくさんの商品を扱っていますが、すべてが売れるわけではなく、たくさん取り扱いのある商品の中で売れるのは、ほんの1~2割の商品に限られるという話もあります。

 

もう少し言ってしまうと、せっかくドロップシッピングで商品を紹介しても、楽天やアマゾンの方が安いということが多々あり、お客さんはそちらに流れてしまう傾向があります。

 

 

 

儲け話に踊らされてしまうことがありますが、もし、ある人がドロップしピングで一年間の売上げが1000万円だったと聞いた時、どう思いますか?

 

ドロップシッピングは商品にもよりますが、商品価格の5%~20%位が一般的な報酬になると思います(健康商品やダイエット系などはもっと高率のことがあります)。

 

一般的な商品で考えてみると、1000万円/年の売上げで、実際の利益が50~200万円/年くらいになるでしょう。その中から経費を除いたらどれほど残るのかによって、ドロップシッピングを始めるかどうかの評価が分かれるところです。

 

競合サイトと競り合う都合、広告費などが増大して、苦労の割りにそれほど手元に残らない可能性があるでしょう。

 

利点としては、自分で仕入れないので、仕入れ代金は必要ありません。在庫を抱えて潰れてしまうようなショップがある中で、在庫リスクを回避できるドロップシッピングは魅力です。しかし、リスクを取っていない分、儲けが少ないとも言えるかもしれません。

 

 

 

ここまで書いて言うのも何なんですが、始める前に儲かる儲からないと議論しているだけでは、実はだめなんですね。

 

宝くじでよく言われるように、買わなければ当たらないのです。

 

ブログで商品を紹介したら売れたというケースでも、ブログに載せていなければ売れることはありません。議論していても1円にもなりません。

 

 

 

実際には厳しい世界ですが、やり方によって儲けている人たちはたくさんいます。

 

同じ商品でも色々な切り口で売ることができます。そのアイディア次第で、お客さんが買ってくれるか否か、分かれてくると思います。

 

売れているサイトをマネしても仕方ありませんので、ニッチなマーケットを狙って、他のお店があまり注目していない商品を狙うというのも一つの方法です。

 

多くの人がまだ興味を持っていない新製品を狙って、自分でブームを作るような売り方をしたり、話題になる前に自分のお店で扱っていると売れる確率も高くなります。

 

自分で実際に買ってみて、購入者の体験談として商品の特徴を自分なりに説明したり、写真を掲載することでお客さんの信頼を得て販売に結びつけることができるケースもあります。

 

ドロップシッピングで扱っている商品の中には、商品写真が揃っていないものが結構ありますので、自分で商品を取り寄せてきれいな写真を掲載して売っている人もいます。こうすることで他の人と差をつけて販売ができるからです。

 

商品を自分で購入する際には初期投資は多少必要ですが、普通のお店では数十個~数百個の単位で仕入れることを思えば、サンプルとしての購入なので、考えようによっては少ない投資といえるかもしれません。

 

 

 

ドロップシピングが儲かるかどうか、これは自分で試してみるのが一番です。

 

在庫を持つ必要が無いわけですから、最小限の投資で商売を始めることができます。無料ブログやホームページを使うのであれば、ほとんどお金をかけずに始められるでしょう。

 

興味が沸いたらやってみる。それが出来るのがインターネットビジネスのいいところです。

 

レストランを始めたい、お弁当屋さんを始めたいと思ったらどれほどの資本金が必要でしょうか。銀行から融資を受けないと始められないこともあるでしょう。

 

それを考えたら、無料ブログでも始められるネットの商売は、今、このときから資本金無しで始められるのです。

 

 

ドロップシッピングを始めてみたら、何か違うものが見えてきて新しいビジネスのきっかけになるかもしれません。

 

ドロップシッピングよりアフィリエイトの方が自分には向いているとか、やっぱり自分で商品を仕入れて売りたいと思うかもしれません。

 

自分で仕入れて売るのであれば、必ずしも大手のドロップシッピング会社に限定する必要はありません。ドロップシッピング対応の卸会社であれば、自分のお店で注文を受けてから発注して、卸会社が直接、お客さんに発送してくれるというシステムもあります。

 

少し抽象的な言い方かもしれませんが、始めないと何も起こらない、新しいことが見えないかもしれないということです。

 

まずは挑戦してみることをお薦めします。

 

 

 

ドロップシッピング会社の紹介:

 

もしもドロップシッピング会員登録

会員が40万人以上いるといわれているドロップシッピング大手。小物から家具・家電等まで取扱点数と販売システムはピカイチ。注文の受付、決済、商品発送は卸会社が行う。無料で会員になれる。

 

TopSeller(トップセラー)

家具や雑貨など25万点以上の取り扱いがあるドロップシッピング。商品は顧客に直接送られるため、在庫リスクも梱包の手間もない。自分でお店を持つ必要があり、お客様対応や決済は自分で行う。利用料金は、取扱品数などにより無料~有料プランがある(例:300商品まで自由に選べるプランで月額480円)。

 

アフィリエイトチャレンジ

「もしも」による通信講座。どうやればドロップシッピングで稼ぐかを体系的に教えてくれる通信コース。

 

通販素材

ソファやベッドといった家具類を中心としたドロップシッピング。宣伝写真が豊富で販売しやすい。自分でお店を持つ必要があり、お客様対応や決済は自分で行う。注文を取ってから仕入れ代金を支払い、商品発送は卸会社が行う。無料で会員になれる。

 

電脳卸

ユニークな雑貨や健康食品系のアフィリエイト&ドロップシッピング。無料で会員になれる。

 


公開:2013年8月19日 / 更新:2018年1月9日 / カテゴリ:ドロップシッピング・アフィリエイト