クレジットカード決済が増えると資金ショートに?

資金ショートショップ運営とお金の問題

お客さんとお店の両方にとって便利な決済方法のクレジットカード決済ですが、そのカード決済が多くなるとお店は資金ショートになる可能性があります。

ネットショッピングには、クレジットカード決済・代引き・コンビニ決済・後払い・銀行振込など様々な決済方法があります。

その中でも、クレジットカード決済がネットショッピングの決済としては特に便利でご利用のお客さんも多いです。

お客さんは現金を用意してなくてもいいですし、注文したらすぐに発送してもらえます。

お店側としても、お客さんの入金を待つことなく迅速に商品が発送ができます。

しかも、クレジットカード決済では、代引きと違って先払いに近いので、発送したのに受取ってもらえないことも少ないです(カード詐欺は怖いですが、確率としては低いのでここでは省いて解説していきます)。

 

クレジットカード決済の売上金回収が遅いことがネック?

クレジットカード決済の売上で問題となるのが、売上金が回収ができるタイミングが遅いことです。

一般的なクレジットカード決済では、今月の売上分は翌月~翌々月に決済会社からお店に振込まれます。

お客さんがクレジットカードで支払った場合、翌月(タイミングによっては翌々月)にカード会社からお客さんに請求がいって支払うことになります。

つまり、クレジットカード会社が代金を回収するのは翌月以降になります。クレジットカード会社がネットショップ決済会社に支払いをするので、売上金の回収はかなり遅くなります。

カード決済で注文した後のお金の流れとしては、お客さん → クレジットカード会社 → 決済会社 → お店 となるので、振込処理にも時間がかかるということですね。

決済会社によっては、立替払いをしてくれて通常より早く振込んでくれるところもありますが、手数料や月額会費などが少し高いことがあります。

 

クレジットカード決済が増えて資金難?

今月に頑張っても、実際に売上金の回収できるのが1~2ヵ月後になると、どこかで資金が足りなくなる可能性があります。

代引きやコンビニ決済など売上金が早く回収できる決済方法を用意しておいて、バランスよくお店にお金が回ってくるようならいいのですが、クレジットカード決済だけに集中してしまうとなかなかお金がお店に入ってこなくなります。

商品の仕入れに、クレジットカードや買掛けを利用している場合、その仕入れ代金の支払いは翌月辺りにしなければなりません。でも、クレジットカード決済の入金が翌々月になるとお金が足りなくなります。

これは、正直、とっても怖いです。

私のお店では、海外から輸入する際に私のクレジットカードで支払っていた時がありました。ある時、クレジットカード会社からの請求が数百万円なのに銀行残高が全然足りない!ということがありました。

お店の売上げはあるのに、現金がない!という状態です。

来月には絶対にお金は入ってくるのに、今、お金がない!今月のカード払いが間に合わないかも?とすごく不安で体の芯から震えてきました。

投資していた資金があったので、そちらを流用してピンチを脱しました。投資は長い期間で増やしていく予定だったので、中途半端に売ってしまいかなり損失を出しました。

クレジットカードの支払いを分割にしたりローンなどを利用する方法もあったわけですが、高い利息を払っていたのでは商売は厳しくなったでしょう。

 

儲かったらお金をプールしておきましょう

せっかく売れているのに資金難になることがないように、ある程度の現金は手元に残しておく必要があるでしょう。

始めたばかりのお店では難しいことがあるかもしれませんが、資金に余裕を持つことは必須です。

今月売れたからといって、派手にお金を使ったり、仕入れを急に増やすのは危険です。

売上金の資金回収のタイムラグを考慮して、2~3ヶ月はお金が入ってこなくても、困らないように貯金をしておきたいものです。

欲を言えば、病気などで働けない事態を考えて、生活資金を半年~1年分を用意しておくともっと安心につながると思います。

どんなお店でも常に同じような売上げがあるわけではありませんから、ピンチに備えておくことは絶対に必要です。

資金的に余裕があれば、クレジットカード決済の入金が2ヶ月先でも問題なくこなしていけます。

 

クレジットカード決済に依存しすぎないこと

クレジットカード決済にお客さんが集中しないように工夫することも大切です。

お客さんからしてみれば、簡単に支払えて手数料がかからない支払方法を利用したいはずです。コンビニ払いや代引は別途手数料がかかりますが、クレジットカード決済であればそういった余計な手数料がありません。

ちなみに、クレジットカード決済では、規約でお客さんに別途手数料を請求してはならないことになっていることがほとんどです。カード決済の注文に手数料を加算しているところはちょっとやばい系です。

代引きで315円、コンビニ決済で180円、銀行振込では振込手数料はお客さん負担というのが一般的ですので、手数料がかからないクレジットカード決済の利用は増えて当然です。

そこで、ある程度の注文金額以上では代引きやコンビニ決済手数料を無料にして、早く現金を回収できるように策を講じる必要があると思います。

クレジットカード決済の手数料が5%としたら、1万円の利用で500円が手数料として決済会社に徴収されます。そういった金額を基準にして、いくら以上の注文なら代引きやコンビニ決済の手数料を無料にしてもよいかという指針にしてもよいでしょう。

一時期、クレジットカード決済とその他の決済で違う価格を用意することが流行りました。

たとえば、

通常価格:10,000円

割引価格:9,500円 (クレジットカードご利用不可)

というような感じです。

決済会社との規約では、お客さんにクレジットカード決済手数料を加算して請求できないので、カード決済以外のお支払方法を利用してくれるのなら割引しますよという逆の発想で価格設定をしていたのです。

こういった二重価格表示は混乱を招く可能性があり、大手ショッピングモールでは禁止されるようになっています。

または、銀行振込なら合計から5%オフにします!という簡単設定もあります。

クレジットカード決済では、3~5%前後の手数料を持っていかれるので、それならその分をお客さんに還元して、現金(銀行振込)で支払っていただくという方法です。お客さんにとってはお得になり、お店にとっては早く現金回収できるのでwin-winだと思います。

お店の銀行口座に直接振込んでもらう方法では、お客さんから信頼されないと選択してもらえないことがあります。しかし、こういった振込が増えると資金繰りが楽になります。

見た目繁盛しているネットショップでも、銀行口座にお金が十分にないというのはよく聞く話です。他からの入金が少し遅れるだけで、倒産の危機に瀕するのはこういった理由があります。

月末に売上金が振込まれてくると、すぐ支払いに回ってしまうので、大きなお金は動いていますが、意外にカツカツしている状態のことがあります。

ただ、クレジットカード会社が、決済方法による差異をつける、または、クレジットカード決済が不利になるような商品価格やサービスを禁止する規約が追加されるようになってきています。

 

クレジットカード決済の売上が早く回収できるシステム

ここからは追記です:

この記事を初めて書いたのは2011年でしたが、その後、クレジットカード決済の売上金を早く回収できるサービスが出ています。

たとえば、イプシロン・クレジットカード決済2回締めです。これは、クレジットカード決済の締め日を月2回設けることにより、入金サイクルを短縮するサービスです。

さらにBASE では、クレジットカード決済を含む支払い済みの注文を発送した後、10営業日でその売上金を回収できるシステムになっています。少しの手数料を支払えば、2営業日での回収も可能です。詳しくは、BASEのお急ぎ振込についてのページを参考にしてください。

BASEによる立て替え払いのように、今までは翌月以降の振り込みになっていたクレジットカード決済の注文でも、早期に回収できる決済システムを提供している会社が増えています。

クレジットカード決済に起因する資金ショートは、売れればOK!という駆け出しのショップ時代とは違ったお店の悩みになります。

売上げが少ないうちは、ポケットマネーで何とかしのげることもあります。しかし、売上げが大きくなったとき、お金の流れをしっかり把握しておかないと、大変な思いをすることがありますので気をつけてください。

タイトルとURLをコピーしました