ネットショップ運営の窓口

ネットショップ運営の窓口 > ドメインを登録しましょう!

ドメインを登録しましょう!

ネットショップを始めようと思ったら、まずはお店の名前を何にしよう?なんて楽しい作業が始まります。

 

ネットでお店や商売をしようと思ったら、まずは、ドメインを確保しておいた方がよいでしょう。

 

ドメインは、お店の看板、通称、ブランド名にもなります。じっくり考えてお客さんに覚えてもらいやすい&コンセプトがわかりやすいドメインを取得することをおすすめします。

 

 

 

自分のお店をブランド化しよう

 

有名な会社がどんなドメインを使っているか、ドメインの簡単なご紹介をしたいと思います。ご自身で登録する際の参考にしてください。

 

 

★co.jp

 

日本の法人は、co.jpというドメインを良く使っています。これは法人でないと取得できないアドレスなので、それだけで高い信頼を得ることができるといわれています。

 

ホームページを見るお客さんがそこまで気にしているかは別ですが、広告や名刺などに記載する際には、ちゃんとした法人ですというようにアピール度が高いです。

 

Yahoo!JAPAN→yahoo.co.jp

マクドナルド→mcdonalds.co.jp

アマゾン(日本)→amazon.co.jp

 

 

 ★.com

 

.comは1985年にドメインサービスが開始されて最初に設定されたドメインの一つで、現在、最も利用数が多いドメインです。

 

コマーシャル(commercial)を省略したもので、商用のドメインとして元々は認知されていましたが、現在では商用でなくても取得できます。

 

認知度が高いこと、そして、分かり安ことから、多くのネットショップは.comを使っていると思います。一昔は、.comは「ドットコム」と読みますが、これをお店が「どっと込む」と掛けていました(笑)。

 

下記の例を見ていただくと分かるように、とても分かりやすく、お客さんがお店の名前さえ覚えていてくれれば、~.comと検索でタイプするだけでお店のホームページにたどり着ける利点があります。

 

アマゾン(アメリカ)→amazon.com

GooNet(中古車検索)→goo-net.com

DMM.com(DVDレンタル大手)→dmm.com

 

 

 

 ★.net

 

.netは.comと同様、ドメインサービスが始まった当初から使われているものです。ネットワーク(network)の略で設定されていたので、インターネット関連にポピューラーでしたが、今は.comが取れないときに代用される形が多いかもしれません。

 

.netは日本ではそれほど認知度が高くないと思います。せっかくお店の名前を覚えてもらっても、ちょっとした勘違いで.comの方へお客さんが行ってしまう可能性があります。

 

実店舗がある場合、本店紹介は.comを使って、ネットショップや情報系サイトは.netにするといった方法もあります。

 

ABC Mart(靴販売大手)→abc-mart.net

じゃらん(旅行予約サイト)→jalan.net

無印良品(大手小売業者)→muji.net

 

 

 

 ★.jp

 

.jpは日本特有のドメインで、取得できるのは日本国内に住所をもつ個人や団体に限られます。.comと同様覚えやすいので、ネットショップの利用も多いです。短い漢字やひらがなを使ったドメイン設定も出来ます(日本語.jp)。

 

トヨタ自動車→toyota.jp

Hulu(映画・ドラマ配信大手)→hulu.jp

日本文化センター(テレビ通販)→0120-00-2222.jp

 

 

 

 

ドメイン+BASEネットショップ

 

ドメインは、ネットショップのアドレスとして使用します。

 

ネットショップの運営システム「BASE」で、新規ドメインを使うケースを一例としてあげます。

 

BASEでは無料でネットショップが開業できて、その際に「○○.thebase.in」といったショップアドレスが無料もらえます。

 

○○.thebase.inの○○部分の文字は自分で選べますが、ちょっと分かり難いですし、アピール度が低いかもしれません。知人に急に聞かれたら、ショップオーナー自身が思い出せないようなアドレスかもしれません(笑)。

 

そこで、BASEで提供されるアドレスではなく、○○.comや○○.jpといった独自のドメインに切り替えることが可能です。

 

○○.comや○○.jpといったショップアドレスの方が、専門店やプロショップのようなイメージを与えてくれると思います。お客さんや知人などにもアピールしやすいです。

 

詳しくは、BASEで新規ドメインが使えるようになりましたのページをご参照ください。

 

 

 

お店独自のメールアドレスを使う&フリーメールアドレスは使わない

 

ドメインを取得すれば、お店独自のメールアドレスが使用できるようになります。例えば、mail@○○.comといったシンプルなメルアドが使えます(○○の部分は自分のお店名など)。

 

趣味から脱してネットショップを本格的に運営しようとするなら、無料で使えるフリーメールアドレスは余りおすすめしません。

 

フリーメールアドレスは、迷惑メールや詐欺ショップなどで使われているので、それだけでお客さんの信用を落とす可能性があります。お客さんによっては、迷惑メールが頻繁に送信されるフリーメールアドレス自体をブロックしている方もいます。

 

ドメインを取得すれば、メールアドレスもそのドメインに付随したものが使えるようになります。

 

ドメインはそれだけではただのお飾りなので、ネットショップ運営サービスレンタルサーバーと一緒に使います。

 

ネットショップ運営システムで独自ドメインのメールが使えなかったり、レンタルサーバーは月々の負担があると思うときには、ムームードメイン(ドメインを管理するサービス)のオプションでムームーメールを使う方法があります。

 

ムームーメールは1ヶ月あたり50円(年払い600円-税別)で、容量は30GB&メールアドレス数が無制限で使用できます。メールはWEBメールなので、スマートフォンやPCなどでどこでも見ることが出来ます。

 

 

 

 

ドメインの活用と注意事項

 

ドメインは様々なものがあります。たとえば、.tv / .mobi / .me / .bzといった商売と組み合わせやすいものがあります。

 

.tvは放送関連、.mobiはモバイル関連、.meは個人事務所や自己紹介系、.bizはビジネスやオフィス系といったような感じです。

 

ネットショップとは余り関係ありませんが、.ac.jpは大学や学校法人など、.or.jpは社団法人や財団法人などというように登記された組織しか使えないドメインがあります。こういったものは、個人サイトと差別化して使用が可能です。

 

 

基本的に、ドメインは○○.comや○○.jpといったメジャーなものから選ぶことをお勧めします。マイナーなドメインは、規制が急に変わったり、料金が変わったりして使い難い点がゼロではありませんので、過去に不具合がなかったを調べてから利用した方が良いと思います。

 

以前、無料ネットショップ運営サイトのBASE(thebase.in)で、お店にアクセスができなくなる障害が発生しました。これは、.in(インドのドメイン)を使っていたことに起因することでした。そのトラブルの都合で、BASEにアクセスできない状態になり、たくさんのショップさんがパニックになったようです。

 

また、ブランド名や有名な商品名等でドメインを取ってしまうと、勝手にブランド名や商品名などを使っているということで、ドメインの利用を控えるように要請されたり、商品の販売や広告活動を制限されてしまうことがありますので気をつけたいです。

 

 

 

ドメインについて簡単にご紹介しましたが、お店の名前&ドメインを取得するだけでもワクワクしませんか?

 

アイディア次第で可能性が広がりますし、ドメインを持つことで一つのビジネスを作り上げていくステップを踏み出したような気持ちになってくるものです。

 

組織が大きくなった際には、同じ名前で.com/.jp./co.jpなどでドメインを取得してビジネスの幅を広げていく会社が多いです。そこまで自分のビジネスを発展させることが出来たらもっと楽しいでしょう。

 

 

 

ドメインが取得できるサービス:

 

★ムームードメイン
ドメインの取得管理が簡単にできるサイト。ロリポップやカラミーショップを使うなら、ムームードメインと同じ会社が運営しているので利用がスムースです。レンタルサーバーを契約しなくても、月額50円(税別)でWEBメールが使えるサービスがあります。

 

★お名前.com
国内最大級のドメイン登録業者。170種類以上のドメインが登録が可能です。お名前.comではレンタルサーバーの大手でもあるので、ホームページやネットショップ(MakeShop)も運用できます。キャンペーンを良くやっているので、安くドメインをゲットできるときがあります。